無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使い古したスポンジそのまま捨てるのは損!家の汚れが激落ちする“使い古しスポンジの賢い掃除活用術3選”

ライフスタイル

キッチンなどで食器を洗う際にスポンジを使っている方も多いかと思いますが、「そろそろ古くなってきたので新しいスポンジに変えよう」、「この古くなったスポンジどうしよう」と思ったことはありませんか? そのスポンジ、実は家中の汚れをキレイにしてくれますよ!

使い終わったスポンジはそのまま捨てていませんか?

stock.adobe.com

使い古したスポンジ、そのまま捨てていませんか? 実は、古いスポンジは驚くほど役立ちます。今回は、使い終わったスポンジを使った掃除術をご紹介します。

【活用方法1】お皿以外をピカピカに

stock.adobe.com

お皿やお鍋を洗って古くなったスポンジは、洗う場所を変えて再利用します。
例えば、食器洗い用のスポンジとして使っていたものは、シンク洗いとして使う。
シンク洗いとしてもそろそろ……となってきた場合は、お風呂場などさらに汚れている場所を洗うために使うこともできますね。

stock.adobe.com

汚れがひどくなりがりな排水溝の掃除。ここをキレイにする際に、捨てる直前のスポンジを使ってみてはいかがでしょうか。汚れが溜まった排水溝も、ピカピカにすることができますよ。

え、切り込みを入れるの!?

【活用方法2】切り込みを入れて掃除に使う

stock.adobe.com

スポンジの横にはさみで切り込みを入れてみてください。すると、窓のサッシなど手が届きにくい場所もキレイにしやすくなります。

stock.adobe.com

スポンジがサッシの間に入り込むことで、雑巾などでは入らない隙間や網戸の細かい汚れなどもかき出しながら掃除することができます。スポンジなので、軽く水でぬらすと水拭き掃除もできるので便利です。

【活用方法3】大きさを変えて使う

stock.adobe.com

掃除をする際に、狭い場所や磨きにくい場所もあると思います。
使い終わったスポンジは、それらの狭い場所でも使いやすいように、好きな大きさにカットして使うと便利です。
斜めに切ったり、細かく切ったりなどして、掃除のしやすい形に切ると、蛇口の隙間や手が届かない場所にも入って、しっかり汚れを取ることができて便利ですよ。

最後の最後まで使い切る!

古くなってあとは捨てるだけとなったスポンジも、最後の最後まで使い切ってから捨てるようにしてみてはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ