無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家族収納には一工夫を!使いやすくするちょっとしたポイント実例集

インテリア

家族収納は使い勝手が勝負!

家族みんなが使うアイテムや使用頻度の高いアイテムは、収納にも一工夫が必要です。パッと見てわかりやすく出し入れしやすい収納を目指すことで、散らかりにくく片付けやすい空間が実現できますよ。

今回は家族で使う収納に着目し、便利で使い勝手を良くするアイデアをピックアップ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

家族収納を便利に!《クローゼット編》

子供にはタグで明記

最初にご紹介するのは、クローゼット収納から子供専用スペースの実例です。

パッと見てわかりにくい場合は、見分けるためのタグをつけておくと安心ですよ。

言葉がまだ読めない小さな子供には、イラストで明記してあげると良いでしょう。タグの色を変えるのも効果的です。

小物類はわかりやすく分類

靴下やベルト、手袋やマフラーなどの衣類関係の小物は、専用の収納を作って分類しておくと便利です。

上から覗き込めば中身の確認ができるので、忙しい時でも実用的。

背の低い子供でも簡単に出し入れできるような、背の低い棚にセットしておくと良いでしょう。

ぎゅうぎゅうに詰め込まない

いくら収納スペースに余裕があるからと言って、とにかく詰め込むのはNG。

ある程度余裕を持って収納していくことで、モノの紛失を防いだり、探し物がしやすくなるなどのメリットが期待できます。

余裕のある収納をキープすることが一番大切ですよ。持つ数を決めておくと良いでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ