無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[チェックリスト]フェムゾーンのかゆみとおりもの。病院に行くべきはどんなとき?

美容

“健やかで美しい体と心”を手に入れるための最新情報を女性医療ジャーナリストの増田美加がお届けします。ジメジメする梅雨時は、粘膜のかゆみや赤みが気になりますね。気になるけれど、人に相談しにくい症状には、腟や外陰部などのフェムゾーンのかゆみやおりものがあります。いつもと違う、かゆみやおりものは不安だけれど、病院に行くのは恥ずかしい…という相談をよく受けます。どんな症状なら婦人科を受診すべきか、チェックしてみましょう。

かゆみ、おりもので注意すべきは“STI”

恥ずかしがる必要はありません。フェムゾーンのかゆみやおりものは、10代後半~40代のどの年代の女性にも、起こりやすい症状です。

かゆみやおりものなどの症状で、まず心配すべきは、性感染症です。性感染症は、クラミジアやヘルペス、尖圭コンジローマ、淋菌など、若い女性を中心に増加傾向にあります。

英語では Sexually Transmitted Infection、略してSTI (エスティーアイ)と呼びます。Infectionの「感染していること」をDiseaseという「病気」に置き換えて、STD と呼ぶこともあります。病気の元になる菌やウイルスは、性器の周辺や精液、腟分泌物、血液などに存在して、セックスなどによって感染します。

性器による性交だけでなく、オーラルセックス、ディープキスなどによっても感染します。クラミジア、淋菌、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、梅毒、HIV 感染症など、およそ15 種類の性感染症が知られています。また、子宮頸がんの原因となるHPV( ヒトパピローマウイルス) も性行為によって感染します。

AdobeStock

こんな症状をチェックしてみて!

では、さっそく、気になる症状をチェックしてみましょう。

□性行為をするときにあまりコンドームを使わない

□セックスパートナーが複数いる

□セックスをすると下腹部が痛い

□尿をすると痛い

□陰部がかゆい、または痛い

□最近おりものが増えた

□おりもののにおいが気になる

□性器周囲にイボや水疱がある

□太ももの付け根が腫れている

□最近、全身倦怠感が強い

*女性の健康推進室「ヘルスケアラボ」より

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ