無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏は老化の分かれ道!?夏のアンチエイジング方法を漢方薬剤師が伝授

美容

夏は老化の分かれ道!?

pixta.jp

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。夏は暑くて夏バテや食欲不振などに気をとられがちですが、実は老化の分かれ道となる季節でもあるんですよ。今回は夏にどっと老けないためのアンチエイジング方法をご紹介します。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら

夏に老化が進みやすいって本当?

漢方の考えでは、老化を司る臓器は「腎」と呼ばれていて、生命エネルギーが溜まっている場所と考えられています。そのほかにも腎の働きとしては、水分代謝の調節、体を温める、髪や肌をつややかにするなどがあります。

pixta.jp

夏に老化が進みやすい理由は、暑さが腎の衰えを加速させ、生命エネルギーである「気」も消耗させるためです。そうすると体力が失われ、老化の症状が現れやすくなります。

夏のアンチエイジングのために大切なこと

腎と気を補うこと

pixta.jp

老化に大きく関わる「腎」と「気」は補うことが可能です。食事で補ったり、消耗しないような生活習慣を送ったりすることで、老化を遅らせることができます。具体的にアンチエイジングに役立つ方法をご紹介します。

1.腎を補う食材を摂る

pixta.jp

腎を補う食材は、「黒い食材」です。具体的には、黒豆、黒ごま、ひじき、昆布、のりなどです。その他、くるみ、くり、やまいも、ニラ、魚介類などがあります。

2.腎は冷えを嫌う

pixta.jp

冷えると老化が進みやすくなるといわれています。夏でも、クーラーの使用は適度にして冷やしすぎないようにしましょう。温かい飲み物を飲んだり、湯船に浸かったりするのも効果的です。

3.しっかりと水分補給をする

pixta.jp
記事に関するお問い合わせ