無料の会員登録をすると
お気に入りができます

有村架純、過酷だった少女時代を告白 小学4年生の頃には「いろいろ悟りました」

エンタメ

女優の有村架純さんは悟りの達人?過去の苦労を語りました。

1日放送の『ボクらの時代』 (フジテレビ系)に女優の有村架純さん、俳優の柳楽優弥さん、國村隼さんが登場。

有村架純
柳楽優弥

幼少期の頃の思い出や苦労などを語り、話題を呼んでいます。

■両親の離婚で変わった有村

両親の離婚をきっかけに、家族を守る意識が強くなったと語る有村さん。それまでは、末っ子として自由奔放に生活していたのだそうです。

有村さんは「両親が離婚をしたときに、母親が私と姉を育ててくれた。そういう背景を見てから『ちゃんと自分で生きていかないといけないな、母親も支えていかなきゃいけないし、姉も守っていかなきゃいけないし』って思った」と告白。

自分が父親の代わりに家族を支えなければいけない、という意識が芽生えたのだそうです。

■変化は小4の頃

小学4年生の頃、自身にいろいろな変化が起こったことを明かした有村さん。國村さんは「4年生の時に意識したの? すごいね」と驚きの表情を浮かべていました。

有村さんは「一時期、家の中が良い雰囲気じゃないことが続いて。学校でも友達関係がうまくいかず、そこでいろいろ悟りました」と笑顔で語り、「悟った! ようグレへんかったな。それ」と再び國村さんを驚かせました。

■意外な反抗期

また國村さんは、有村さんと柳楽さんに「反抗期はあったの?」との質問を投げかけると、有村さんは「ありましたね。物にあたったりしたりとか。母親に『うるさい!』って言ったりとか」と回答。

対する柳楽さんは言いにくそうに「俺は…もう、反抗期が半端じゃなかった。反抗期、演技分からない期、思春期。今考えただけでも大変だったなあって」と当時を振り返り苦笑しました。

■熱い想いを語る柳楽

柳楽さんは「家族って仲悪い時期もあるけど、常に味方で居てくれてるっていうのは嬉しい。感謝を示していかないと」と穏やかな表情で語り、「ちゃんとしてるやん」と國村さんを感心させる一幕も。

視聴者からは「普段じゃ聞けない良い話」「國村さんが優しく2人を見つめる姿がすてき!」と反響のコメントが寄せられ、話題を呼んでいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ