無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「朝起きると暑さでボーっとする…。」寝たまま“夏バテ解消ヨガ”3選#ヨガインストラクター直伝

美容

起きた瞬間から不快指数マックスの日本の夏。「暑い……」と呟かずにはいられませんよね。クーラーなしではいられない暑いさですが、エアコンのきいた部屋では体が冷え、気温差で自律神経が乱れたり胃腸機能が弱りがち。食欲がない、だるい、ボーッとする、イライラする……、そんな夏バテの症状にお悩みのあなたにおすすめの全部寝たままラクラク夏バテ解消ポーズをご紹介します。

仰向けの英雄のポーズ

むくみを解消しリラックス効果があリます。消化の改善にも。

⒈正座の姿勢から両足の踵の間にお尻を下ろし、割座の姿勢になる。

⒉両手で上体を支えながらゆっくり床に倒し、仰向けになる。

⒊ゆっくり呼吸を繰り返す。両手は体の横で楽にしていてもいいし、頭の上で肘同士をつかんでもよい。

仰向けのねじりのポーズ

腰痛や腰の疲労を緩和し、ウェストを引き締めるポーズです。腸の働きを整えたり、全身が気持ちよく伸びてリラックス効果が期待できます。

⒈両足を伸ばして仰向けに寝る。

⒉右膝を曲げて胸に引き寄せる。

⒊その足を左に倒す。右手は体の横に(この時肩が浮かないように)、左手は右足の膝の上に。余裕があれば顔を右へ。ここで呼吸を繰り返す。反対側も同様に。

全身を伸ばすポーズ

手の指先から足の指先まで思い切り伸ばすことで体と心をリフレッシュ! 胸や肩を開き姿勢を整えます。

⒈仰向けに寝る。両足は軽く開く。

⒉吸う息で両手を上に。つま先を遠くに伸ばして上下に体を伸ばし、両手を頭の上で重ねる。このとき背中とマットの間に隙間ができる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ