無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40歳代の独身女性の貯金額はいくら? 貯蓄事情と将来に備える対応策

節約・マネー

近年は女性の生き方も多様になってきていますが、40歳代の独身女性はどれくらいの貯蓄があるのでしょうか。この記事では、40歳代独身女性の貯蓄額や貯蓄目的、貯蓄方法などを解説します。また、将来のお金に対する不安を解消するために取り組めることも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

40歳代独身女性の貯蓄事情

貯蓄額は個人によって差があるものの、おおまかな金額を知ることは可能です。ここでは、総務省統計局が公表している「2019年全国家計構造調査」のデータをもとに、40歳代独身女性の貯蓄額を解説します。

40歳代独身女性の貯蓄額

「2019年全国家計構造調査」によると、独身女性の貯蓄額は以下のようになっており、60歳代で最も多くなっています。

※単身世帯のデータをもとにしているため、独身でない単身世帯の女性も含まれている可能性があります。また、家族と暮らす独身女性は含まれていません。 出典:2019年全国家計構造調査所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果|総務省統計局

40歳代の平均貯蓄額は約799万円となっており、多くの人がまとまった貯蓄を持っていることがわかります。

ただ、年代別の負債額は以下のようになっており、40歳代独身の女性がほかの年代に比べて、負債が多いという特徴もあります。

※単身世帯のデータをもとにしているため、独身でない単身世帯の女性も含まれている可能性があります。また、家族と暮らす独身女性は含まれていません。 出典:2019年全国家計構造調査所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果|総務省統計局

ここでいう「負債」は、住宅ローンと考えられます。60歳代では負債金額が大幅に下がるため、50歳代のうちに住宅ローンを完済している人が多いことがわかります。

貯蓄と負債のデータから、40歳代独身女性は負債を返済しつつ、貯蓄もしっかりと増やしていると考えることができます。

年収に対して約2倍の貯蓄額

次に、独身女性の年収を年代別にみると、以下のようになっています。

出典:2019年全国家計構造調査所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果|総務省統計局

40歳代の年収は399万4,000円となっており、ほかの年代と比べて最も多いことがわかります。収入の内訳は、「勤め先からの収入」が322万9,000円と最も多くなっています。また、事業・内職収入の26万2,000円や、仕送り金なども年収に含まれています。

40歳代独身女性の貯蓄金額が約799万7,000円であることから、年収の2倍以上の貯蓄を持っていることがわかります。30歳代は約407万9,000円だった貯蓄額が40歳代では約799万7,000円と大きく増えていること、年収がすべての年代の中で一番多いことから、40歳代独身女性はしっかりと貯蓄をしていると考えることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ