無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二人暮らし、収納スペースが足りないときのアイデアまとめ[教えて!グッドルーム]

インテリア

収納スペースがない=新たに収納スペースを生み出さなくてはいけない=でもごちゃごちゃした印象にはしたくない…そんなときにおすすめなのが、無印良品のステンレスユニットシェルフ。シンプルで様々なサイズが展開されているので、統一感が生まれどんなお部屋にも合うんです。

ただ並べるだけでなく、カゴやボックスをうまく組み合わせて配置することで、すっきりとした印象に。こちらのお部屋ではキッチンや玄関まわりだけでなく、ワークスペースなどでも活躍しているアイテムなので、ぜひ参考にしてみてください!

このお部屋をもっと見る

好きなものはあえて「見せる」

収納というと寝室やクローゼットの中など、どうしても「隠す」ことを考えてしまいがち。でも趣味のものはあえて「見せる」収納にしてしまってもいいかも。こちらのお部屋は二人とも音楽が好きとのことで、CDなどはズラリと並べて収納。ブロックと板を組み合わせた簡単な棚であることも、すぐに真似できそうなアイデア。

このお部屋をもっと見る

スニーカーを山ほど持っている二人暮らしのお部屋では、あえてリビングに箱ごと並べて収納していました。色味を合わせて積み上げることでインテリアの一つになっていますね。

このお部屋をもっと見る

「見せる」と「見せない」のバランスを大切に

最後にモノで溢れてしまう方にアドバイス。1LDKで二人暮らしをする方のこちらの事例では、雑貨などの小物が多くあるように見えますが、しっかり動線が確保されたインテリアの配置になっています。

ポイントだと教えてくださったのは、「見せる」と「見せない」のバランスをとること。書類や見ていて心地よいと思えないものは、布やカゴを使って見せないように工夫をしているのだそう。代わりに食器や気に入った雑貨、写真などは様々な場所に置きっぱなしになっています。簡単なことですが、居心地よく過ごせるコツなんですね。

このお部屋をもっと見る

text : ASAKO SAKURAI

*

出典: goodroom journal

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ