無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本の建築美に泊まる。文豪たちも滞在した格式ある老舗旅館

香川県にある「こんぴら温泉 琴平花壇」は1627年に創業した歴史あるお宿。しっとり落ち着いた庭園に広がる純和風な数寄屋造りの離れが特徴です。ゆっくりと時間が流れるような優雅な気分になれるお宿「こんぴら温泉 琴平花壇」についてご紹介します。

旅行・おでかけ

格式ある贅沢な空間「こんぴら温泉 琴平花壇」

「こんぴら温泉 琴平花壇」は、香川県・琴平町にあるお宿。創業は寛永4年(1627年)と、歴史あるクラシカルな和風の老舗旅館です。客室とは別に庭園に3棟の離れがあり、名だたる文豪たちが滞在に利用していた格式高いお部屋も。時がゆっくり流れているような錯覚さえ覚えてしまう、贅沢な時間を過ごせます。

歴史ある自慢の3つの離れ

日本の建築美「数寄屋造り」

日本の建築様式の一つ「数寄屋造り(すきやづくり)」は、庭園に別棟で造られた茶室風のお部屋がある住宅の様式のこと。「琴平花壇」の数寄屋造りの客室は「森鴎外」や「北原白秋」、「与謝野晶子」などの文人墨客(ぶんじんぼっかく)たちも、滞在に利用したお部屋です。タイムスリップしたかのような粋な日本の建築美を堪能してください。

数寄屋造り離れ「長生殿」

「琴平花壇」の離れの中でも、152平米と最も広い格式の高いお部屋「数寄屋造り離れ 長生殿」。和室が3つと広縁があるこのお部屋は、最大9名の利用が可能です。

掛け軸や絵画があらゆるところに飾られ、ひのき風呂も備えられたレトロ和モダンな室内は、どこか懐かしい雰囲気。お庭からは四季折々の季節の移り変わりを感じながら、贅沢な時間を過ごせるでしょう。

数寄屋造り離れ「延寿閣」

「森鴎外」が最も好んだとされる「数寄屋造り離れ 延寿閣」。10畳と7.5畳の和室に広縁を備えた広さ105平米のお部屋で、春には桜やツツジの花々に囲まれます。文豪が好んだこのお部屋で、季節のうつろいをゆっくり楽しんでみませんか。

数寄屋造り離れ「泉亭」

「数寄屋造り離れ 泉亭」は、広さ64平米のお部屋。天蓋式ベッドのある和モダンな雰囲気のお部屋で、詩人の「北原白秋」が滞在した客室です。広縁からは庭園の池で泳ぐ鯉を眺められ、秋には美しい紅葉の美景を眺められたりと、和の風情を感じられる客室です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ