無料の会員登録をすると
お気に入りができます

めんどくさいな…男性にドン引きされる発言4選

恋愛・結婚

ネガティブなことをよく言ってくる女性に対しては、必然的に男性も身構えるようになっていくもの。

一緒にいてもイライラしたり鬱陶しく感じることが多いでしょうから、あまり深入りもしてくれなくなるでしょう。

そこで今回は、男性が嫌がる女性の発言を紹介します。

1.「なにそれ?」

自分のちょっとした発言に対して、いちいち「なにそれ?」「なんで?」などと問いただされると、男性も会話をするのが嫌になるはず。

興味を持つのは悪いことではないですが、まるで取り調べをするかのように、なんでもかんでも細かく知ろうとするのはNGです。

細かい内容まで探りを入れられると、「付き合ったら束縛がすごそう」といった感じもするので、恋愛対象から外されてしまうかも。

束縛や干渉が激しそうなイメージを与えるような言動は、好きな男性に対しては絶対に行ってはいけませんよ。

2.「私なんてかわいくないし」

「私なんてかわいくないし」「私って太ってるよね?」「私、足が短いからさ」。

こういった自分のルックスに対する自虐発言に対しては、男性もどう返事するのが正解なのかがわからず困惑してしまいます。

「そんなことないよ」と言われるのを待っているようにも見えるので、「めんどさいな~」と感じるのが本音でしょう。

明るく笑えるような自虐ネタならまだようでしょう。

ただ、自虐を否定してほしいがために本当は思ってもいないことを口にするのは、性格が悪そうな印象を与える危険性もありますよ。

3.「私ってやさしくない?」

男性に尽くしてあげたり、男性のためになるような行動を取ったときには、褒めてほしいとか感謝してほしいという思いも湧き起こるでしょう。

でも、実際にその思いを口に出して、「私ってやさしくない?」とか「私に感謝してる?」などと感謝を求めるような言葉を頻繁に言ってしまうと、男性からは鬱陶しく思われるかも。

なんだか見返りを求めているような感じもするので、せっかくの思いやりのある言動も、そうは受け取ってもらえなくなる可能性だってあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ