無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大阪に「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」がついにオープン!限定メニューや体験型ラウンジに注目

旅行・おでかけ

アメリカ・カリフォルニア発、世界で100店舗以上展開するブルーボトルコーヒーの新店が、2021年7月、大阪・茶屋町にオープン!待ちに待った大阪1号店とあって、早くも大人気です。話題の限定メニューやグッズ、特徴的な店内を早速ご紹介します。

待望の大阪初進出。自慢のスペシャルティコーヒーを提供

大阪初出店となる「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」は、JR大阪駅からも近い茶屋町にあります。木材を用いたスタイリッシュながらも暖かみのある空間は、デザインユニット「I IN(アイ イン)」が手がけたもの。ブルーボトルコーヒーのなかでも国内最大級のカフェです。

1階のドリップステーションでは、自慢のスペシャルティコーヒーをバリスタさんが丁寧にドリップする姿も見られます。自社のロースタリー(焙煎所)で焙煎した豆をおいしさのピークに合わせてカフェへ配送するため、最高の一杯を提供できるそう。

定番メニューはもちろん、限定メニューもぜひ味わいたい

「ブレンド」495円~、「BEANS ジャイアント・ステップス」200g 1620円

まず味わいたいのは、ドリップコーヒー。定番のブレンド3種が日替わりで1種登場するほか、単一の生産地の豆のみを味わえるシングルオリジンが、毎月1~2種登場します。豆も販売しているので、バリスタさんに質問したり、相談したりして好みの味を探すのも楽しいですよ。

コーヒー豆は世界各地のものを吟味し、完熟した実から穫れる最もおいしいものだけを調達。豆の個性を生かして焙煎します。そのおいしさを最大限に引き出して抽出した一杯は、産地や焙煎によって味わいが驚くほど異なるんです!

「ティラミス」748 円(イートインのみ) ※提供は13~22時

コーヒーと合わせて味わいたいのが、梅田茶屋町カフェ店限定の「ティラミス」。ブルーボトルのコーヒーを染み込ませた生地と、ティラミスには欠かせないマスカルポーネチーズを使った手作りのクリームを層にし、コク深い味わいに。振りかけたチョコレートパウダーがふわりと香り、焙煎したカカオ豆を細かく砕いたカカオニブのカリッとした食感がよいアクセントに。

「ブランチプレート フレッシュ サラダ」935円

梅田茶屋町カフェ店のほか、京都カフェ店、渋谷カフェ店のみで味わえる「ブランチプレート フレッシュ サラダ」もおすすめ。香ばしくもっちりした食感のワッフルは、旬の野菜を使ったサラダやプロシュート(生ハム)、平飼い卵の半熟卵ともマッチ。スパイシーなソースとともにどうぞ。

「ワッフルプレート パイナップル & パッションクリーム」770円

注文を受けてから焼き上げる、人気のリエージュワッフルに季節のフルーツをトッピングした「ワッフルプレート」も、梅田茶屋町カフェ店と京都カフェ店、渋谷カフェ店限定のデザートメニュー。焼きたてのワッフルは、さっと炙ったパイナップルとパッションフルーツ、パッションキャラメルソースと相性抜群!秋は梨など、季節によってトッピングの果物が変わるのも魅力です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ