無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最旬トレンド!東京で食べるべきフルーツサンド7選をパンマニアが紹介

グルメ

昔からの根強い人気に加えて、近年大きなブームを巻き起こしているフルーツサンド。クリーム多めの定番から、フルーツをごろっと挟んだトレンドのスタイルまで、タイプは実にさまざま。そこで本企画では、パンマニアの片山智香子さんに、東京でおすすめしたい7品を教えてもらいました。

2. ヴィーガンのフルーツサンド「フルーツアンドシーズン」(恵比寿)

Photo by 片山智香子

「日本初のヴィーガンフルーツサンド専門店『fruits and season(フルーツアンドシーズン)』。テイクアウト、キャッシュレス決済のみという現代的なスタイルです。フードロス削減を意識した取り組みもされています。

使うフルーツは、愛知県の八百屋『ダイワスーパー』が厳選した旬のもの。また、パンにも生クリームにも、乳製品ではなく豆乳を使用しています」

伊良湖みかん

Photo by 片山智香子

1,080円(税込)

「ひと口食べて、びっくりするほどみかんが甘い!酸味よりも、圧倒的に甘味が強いんです。飲み込んだあとの余韻まで幸せ。豆乳を使用したクリームともよく馴染んでいます。

みかんが2.5個入っているという贅沢感と、生クリーム好きも納得できるクリームの甘味がなんとも嬉しい。クセになるおいしさで、私のなかでもかなりのヒットでした!」

3. 食パン専門店の自信作「セントルザベーカリー」(銀座)

Photo by macaroni

「食パンブームの火付け役ともいわれている『CENTRE THE BAKERY(セントルザベーカリー)』。銀座と青山に店舗があります。

人気のフルーツサンドイッチは、テイクアウト可能。スタイリッシュな箱に入っていて、手土産にもぴったりです。待たずに入手したい方は、事前予約がおすすめですよ」

フルーツサンドイッチ

Photo by 片山智香子

1,944円(税込・テイクアウト)

「角食、プルマン、イギリスパンという食パン3種類のみで勝負している、パンマニアからも評判高い食パン専門店。姉妹店は、私も大好きなバゲットが人気の『VIRON(ヴィロン)』。

そういうわけで、ほかのお店のフルーツサンドとは、パンの質がまったく違います。パンのおいしさでいったら断トツ1位!

パンはふんわりもっちりしていて、生地の甘味が特徴的です。ひと口サイズにカットされていて、食べやすいのも嬉しいポイント。フルーツには、ほかではあまり見ないメロンも使用されています」

4. フルーツサンドブームを牽引「フツウニフルウツ」(下北沢)

Photo by macaroni
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ