無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹まわりが引き締まる!痩せにくい「ぽっこり下腹」を解消する簡単習慣

美容

「下っ腹のぽっこりをどうにかしたい!」ダイエットして体重は減ったものの、お腹周りはふくよかなまま。世の女性たちにとって、ウエストラインの悩みは尽きません。そこで今回は、お腹周りにお肉がつく原因と美しいくびれを手にする方法を、痩身や美容皮膚科をはじめ様々な治療に取り組む河村優子医師に伺いました。

そもそもぽっこりお腹の原因とは?

女性の大敵とも言えるぽっこりお腹。肥満の方に限らず、痩せている方にも見られる悩ましい症状です。
この多くの女性を悩ませる嫌なぽっこりお腹は、どうしてできてしまうのでしょうか。考えられる原因としては、以下の3点が挙げられます。

まずは、日常生活ではあまり使わない上に加齢とともに衰えやすい「筋肉不足」。年齢を重ねるごとにお腹周りの筋肉が衰えて、その重さを支えきれなくなり、内臓の位置が下がって下腹が膨らんだように見えてしまうのです。
また、「骨盤の歪み」も原因の一つ。骨盤が歪んでいると筋肉が足りない場合と同様、内臓の位置が下がっていってしまう傾向に。普段から無意識のうちについやってしまう脚を組んだり、背中を丸めて座るなどの癖がある場合には要注意です。
最後に考えられる点は「冷え」。身体が冷えることで、お腹周りにもむくみや脂肪が溜まりがちに。では、これらのお悩みを解消するためにはどうしたらよいのでしょうか。

ぽっこりお腹を解消!ウエスト引き締めエクササイズとは

おうちごもりからの運動不足による下腹部のぽっこり。毎日続けられる簡単エクササイズで、そんな嫌なぽっこりお腹をすっきりさせてみませんか。
ここでは、気になる下腹部のぽっこりを解消して、美しいウエストラインを手に入れるためのトレーニングをご紹介します。特別なマシンや器具を使わずに、自宅で手軽にできるものなので今日からさっそく実践してみてくださいね。

すぐにできる!簡単トレーニング「ドローイング」2種

初心者向け。仰向けで行うドローイング

誰にでも簡単にできる手軽なお腹のトレーニング「ドローイング」からご紹介します。
このエクササイズは寝ても立っても行なうことができますが、最初は仰向けに寝て行なう方法でコツを掴むのがおすすめ。それでは、ぽっこり下腹に効果的なドローイングの正しいやり方とは?

トレーニングの手順

1. 仰向けに寝て膝を立て、何回か腹式呼吸をしてお腹を動かします。
2. ゆっくりと息を吐きながらお腹をへこませてき、その状態で10~30秒キープ。息は止めずに浅い呼吸を続けるのがポイントです。
3. 2セットを目安に行ないましょう。

どこでも簡単にできる!立って行うドローイング

続いてご紹介するのは、立って行なうドローイング。

トレーニングの手順

1. 足は肩幅くらいに開いて胸を張って背筋を伸ばし、鼻から息を吸い、お腹に空気をためます。
2. ゆっくりと口から息を吐きながら、下腹部からお腹をへこませていき、この状態で10~30秒キープ。息は止めずに浅い呼吸を続けるのがポイントです。
3. 5~10セットを目安に行ないましょう。

慣れてきたら、どんどん回数を増やしていくのもおすすめですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ