無料の会員登録をすると
お気に入りができます

狭い玄関もこれで収納力アップ。デッドスペースを便利・おしゃれに活用するヒント

インテリア

玄関収納で役立つデッドスペースの活用方法

家の中でも収納場所に頭を悩ませることが多いのが、玄関。大きな収納アイテムなどが置きづらい玄関ですが、収納したいものが多いという困った場所ですよね。

そんな時、上手に活用したいのがデッドスペース。そこで今回は玄関でデッドスペースになりやすい、下駄箱周り・玄関ドア周り・壁面の3つに分けて使いやすいだけでなく真似しやすい玄関収納をご紹介します。

目次

デッドスペースを使った玄関収納|下駄箱

下駄箱の扉裏を使ったデッドスペース活用術

玄関のデッドスペースを活用したいけれど、隠す収納で玄関をすっきりと仕上げたいという方におすすめなのが、下駄箱の扉裏を活用するアイデア。

下駄箱の扉の内側に両面テープなどでフックを取り付けて鍵などの小物を収納するスペースを作ってあげましょう。

靴の出し入れと一緒に鍵の収納ができるので、鍵が迷子になりづらいというメリットもありますよ。

下駄箱内を上手に使うデッドスペース活用術

フックを取り付けられるのは下駄箱の扉裏だけではありません。

最近の下駄箱には傘用のスタンドなどを置けるように少し大きめのスペースが用意されていますが、上手に使えていないという方も多いのではないでしょうか?

そんなデッドスペースにもフックを取り付けてあげれば、チラシなどを捨てるゴミ箱や傘などをつるして収納することができます。

賃貸でも使える下駄箱のデッドスペース活用術

マンションなどの賃貸住宅でも使いやすいのが、100均などで手に入るプラスチックケースの前面にシール式のフックを取り付け下駄箱に入れておく収納アイデア。

この収納方法なら下駄箱の扉や側面に傷をつけないだけでなく、靴の汚れが棚につかないというメリットもありますよ。

靴だけでなく折り畳み傘や靴のケアアイテムなどの小物を入れておくのも便利。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ