無料の会員登録をすると
お気に入りができます

羊毛フェルトをはじめよう!初心者向け羊毛フェルトの作り方

ライフスタイル

ふわふわの羊毛を針で刺すことで形を作る「羊毛フェルト」。これから始めたいと思っている初心者の方向けに、羊毛フェルトの基本のやり方と簡単なレシピをご紹介します。

手順1、羊毛を手で整える

RORO: 巻き始めを中に巻き込みながら、くるくると羊毛をボール状になるように巻いていきます。こうすることで針で刺す前から、羊毛同士の隙間を少なくできるのでフェルト化が早くなり、しっかりとした形を作りやすくなります。

手順2、針で羊毛を刺し固める

RORO: 羊毛を画像のように巻き終わりを上にした状態で押さえ、フェルティングマットの上に置いて針で刺していきます。針はボールの中心に向かってしっかり刺し込みましょう。

【注意】

針は刺し込んだ角度と同じ角度で引き抜きましょう。引くときの角度が変わると針が折れる原因になります。また、針の先の方向に指がこないように気をつけましょう

手順3、表面を整える

RORO: 羊毛を徐々に回しながら、全体的にまんべんなく針を刺していきます。始めはしっかりと中心を意識して刺し、全体的にまとまってきたら、画像のように針の先が突き抜けたときの羊毛の乱れなどが無くなるように、全体を刺し表面を整えていきます。

【ポイント】

同じところばかり刺すと、その部分がどんどん凹んでいくので、気になる所を整えるイメージで刺し込んでいきましょう。

RORO: 形が多少いびつになっても、手のひらで転がして整えつつ、針で刺していけば大丈夫です。

RORO: 指で押してもボールが簡単に変形しないほどの固さになれば、完成です。
だいたい直径2cmのフェルトボールになります。

失敗しないためには?羊毛フェルトを上手に作るコツ

これから羊毛フェルトを始めてみたい、という方に向けて、ROROさんに「上手に羊毛フェルト作品を作るコツ」についてもおうかがいしてみました。

RORO: 羊毛フェルトは、フワフワの綿のような状態から、いきなり針を刺していくのではなく、手で羊毛の形をある程度まとめてから刺していくといいです。
羊毛がまとまっている状態から刺していくと、中心の羊毛をしっかり刺し固めることができ、きれいな形を作りやすくなりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ