無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1ヶ月の電気代が高くなる理由とは? すぐに実践できる節約法を紹介

節約・マネー

家族が増えた、引っ越した、ライフスタイルが変わったなどがきっかけで、以前より電気代が増えたと気づくことがあります。1ヶ月の電気代の目安はどの程度なのでしょうか。全国の平均値や地域別の電気代と比較してみると、それぞれの家庭の電気代が高いか安いか判断できます。今回は、1ヶ月の電気代の目安、電気代が高くなる原因、効果的な節電方法、電気代を安くするコツなどについて紹介します。

1ヶ月の電気代はいくらくらい?

1ヶ月にかかる電気代は、世帯の人数や住むエリア、使用中の家電や暖房器具などの条件によってかなり差が出ます。

総務省統計局の調査によると、学生、勤労者、無職、高齢者などを含めた単身世帯の電気代は、2020年の年間平均で1ヶ月あたり5,719円と報告されています。二人以上の世帯の電気代は1万671円です。2倍まではいかないものの、居住人数が増えればそのぶん電気代は高くなります。

また、電気代は気候の違いによっても差が出てきます。北海道や東北、北陸など、冬季にまとまった雪が降りやすいエリアでは下表のとおり電気代が高めになっています。

出典:家計調査(家計収支編) 調査結果|総務省統計局

電気代が高くなる理由とは?

エリア別の平均電気代と比べると、電気を使い過ぎているかどうか気づくでしょう。電気代が高い場合は、その理由を把握することが大切です。理由次第では、電気代を減らすことが可能です。ここでは、電気代が高くなる理由について解説します。

電気代が平均よりも高い場合

1ヶ月の電気代が高いということは、それだけ他の世帯よりも消費電力が多いと考えられます。消費電力はW(ワット)で表され、電化製品はそれぞれ消費電力が示されています。

最新の電化製品は省エネ性能に優れ、古いものよりも消費電力が抑えられています。古い製品を使っている場合、電力消費量が多いため電気代が高くなる可能性があります。特に、エアコンや冷蔵庫など、長時間使う電化製品が古いままだと、かなりの電力を消費するため要注意です。

建物の状況も電気代に関係しています。建物の床面積が広い場合、エアコンの容量や台数を増やす必要があるため電気代がかかります。また、建物の気密性が低いと外気の影響を受けやすくなり、エアコンの消費電力も多くなるでしょう。自宅の建物が広く気密性が低い場合は、電気代が高くなる可能性があります。

急に電気代が高くなった場合

急に電気代が高くなった原因は、季節やライフスタイルの変化による場合が多いものです。

夏は猛暑や酷暑の日が続き、室内でも熱中症になる危険性があります。そのため、政府や自治体では冷房を適切に使用することを推奨しています。暑い夏場はエアコンを付けている時間が長くなるため電気代が跳ね上がる家庭も多いでしょう。

また、冬にエアコンの暖房を使っている場合も、気温が低い日が多いほど電気代が高くなる可能性があります。特に、例年よりも寒い日が続く年は、エアコンの使用量が増えるため電気代の値上がりに注意が必要です。

さらに、毎日通勤をしていた人がテレワークを導入したり、家族の外出が減り在宅時間が長くなったりすれば、当然電力消費量も増えます。テレワークで冷暖房や照明、パソコンなどを使用することにより、以前より電気使用量が増えた人は59%となっています。

出典:新型コロナ対策によるテレワークと電気代の関係性に関する調査|株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ調べ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ