無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小学生のリュックの選び方&通学や遠足におすすめリュック20選

子育て

小学生にもなると、遠足や習い事、そして通塾や林間学校などなど、先々で「リュック」が必要不可欠に。しかも低学年と高学年ではサイズはもちろん、用途も好みも違ってきますよね。そこで今回は、各人気ブランドから用途・容量、そして成長に合わせたおすすめリュックをピックアップ。選び方のポイントとあわせてご紹介します。

小学生のリュック、基本的な選び方とは?

-体格に合わせた容量を選ぼう

それぞれの体格にもよりますが、平均的に低学年は10〜15L程度、高学年では20L前後程度の容量が目安。サイジング的にも用途的にも適しているようです。

-子どもが使いこなせる構造のものがベスト

ついデザイン面のチェックが先行しがちですが、やはり子供が1人で扱うシーンが増えることを考えると複雑なつくりはNG。とくに開口部の広さ、開閉のシンプルさの確認は忘れずに。

-素材や軽さ、背負いやすさなどもチェック

軽量重視はもちろんのこと、少々手荒な扱いも想定して汚れにくく破れにくい、タフな素材がベスト。まだ肩幅の狭い低学年は、ズレ落ち防止のバックルがついているものが理想的です。

-反射板や防犯ブザー用フックなど、機能性にも注目

すぐに取り出したい水筒やなくさないようにしたい貴重品など、仕切りやポケットはサイズ違いで複数あると便利。また、リフレクターや防犯ブザーを装着できるフックなど、安全に配慮した機能面も充実していると◎。

-子どもが気に入るかつ、長く使えるデザイン選びを

最終的に大切なのは使う本人が気に入ってくれること。あらかた候補を絞り込みつつ、どこかで子供のセレクトも反映できるとお気に入りの度合も違ってくるようです。

[用途別]入れるものと適正容量&気にしたいポイント

遠足の場合

遠足でかさばる大物といえばお弁当や水筒ですが、校外学習や行き先によってはボードやノート等を持っていく場合も。低学年でもA4サイズが入るか確認しておくと安心。

通学や通塾の場合

勉強道具を入れることが前提の場合には、容量もさることながらフォルムも重要なポイント。A4サイズのファイルも余裕を持って収納できる縦横幅で、ノートやテキストの角があたらないスクエア型がおすすめです。そして高学年の通塾ともなると、さらにお弁当や水筒がプラスされる時も。マチにも余裕があるとベターです。

林間学校や合宿の場合

数泊分の荷物が入る大容量なだけでなく、整理のしやすさも配慮したいポイント。アイテムの系統ごとにざっくり仕分けて収納できるメインポケット+大きめのサイドポケットの構造や、横に大きく開けられるボストンタイプのリュックも狙いめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ