無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コロナ禍だから必要なものも! プロ厳選のおすすめ防災グッズ

ライフスタイル

地震や台風、水害など自然災害はどこでも起こり得るものとなっています。そこで、日頃から備えておくべきものや、災害時に本当に必要で使いやすいものをプロと一緒に比較。今回は必要最低限のものが一気にそろうおすすめの防災リュックと、それに加えて備えておきたい防寒対策&感染対策グッズを紹介します。

近年は日本列島が大雨や台風に見舞われることも多く、災害が複合的に起こることもしばしば。また大規模災害ではなくても、大雨で停電が起きたり、地震で断水したりと身近で起きる小さな災害を経験した人も多いはずです。

LDK公式Twitterでのアンケートによると、災害&避難用のグッズを備えている人は約53%。その内容としては、8割弱の人が防災リュックという結果でした。

必要なものがまとまっている防災リュックはあると安心ですが、災害時に本当に必要となるものまで入っているとはかぎりません。また、コロナ禍での避難生活では、感染対策に高い意識をもって備えることも必要になっています。

大災害だけでなく、断水や停電といったプチ災害でライフラインが止まってしまうことも。対策グッズを用意しておけば暮らしを守ることができます。

突然の停電で家中が真っ暗! そんなときに視野を確保できるLEDライトがあると安心。また、空調が停止したときに活躍する、暑さ・寒さ対策グッズも必須です。

生活用水がストップすると最も困るのはトイレ。簡易トイレのほか、水を使わなくても使えるケア用品も用意しておきたいアイテムです。

心細い災害時には、温かい食事があると心も体も癒やしてくれます。簡単に作れて味もおいしい非常食も重要です。

冷蔵庫などの大きな家電や家具の転倒防止グッズに加えて、二次災害を想定した火災対策グッズも要チェックです。

避難指示が発令され避難所に行くときに役立つのが、必要なアイテムがセットになった防災リュック。準備している人も多いと思いますが、実は防災リュックの中身だけでは不十分なんです。中身を一度チェックして必要なものを足していきましょう。

そこで防災のプロである災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんと一緒に、避難生活が快適になるプラスαで備えておきたいアイテムをチェックしました。

今回はおすすめの「防災リュック」と、避難所で快適に過ごすためのちょい足しグッズ「防寒対策セット」と「感染対策セット」を紹介します。

MT-NET
防災セット1人用
実勢価格:6930円

▼評価
充実度    :○
持ち出しやすさ:○

MT-NET「防災セット1人用」は、エイドセットなど細かいものが充実していて、リュックの底面から雨用カバーも出ます! 最低限必要なものが揃うため、これをベースとして足りないものを追加するのがおすすめ。

入っているものはこちらです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ