無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やっぱり黒の革靴は最高! 今すぐ真似できる履き回し術

ファッション

FUDGE的スタイルの足元に欠かせない、「メリージェーン」「プレーントゥ」「ウィングチップ」、3つのドレスシューズを使った着こなしサンプル。キリッと引き締める黒の革靴の履き回し術です。

mary jane

乙女心くすぐる愛らしいフォルムのストラップシューズ「メリージェーン」はソックスとの合わせが楽しい1足。名前の由来はアメリカの漫画『バスター・ブラウン』の主人公の妹、メリージェーンが履いていたことから。

1873年に製靴の聖地といわれる、イギリスのノーザンプトンで創業した《サンダース》。紳士的なシューズメーカーのイメージが強い同ブランドがつくるストラップシューズは、重厚感がありつつもパンチングなどにエレガントさが宿る素敵なデザイン。

¥55000/SANDERS(グラストンベリーショールーム)

紺ブレザー×デニムの王道アイビールック

少しオーバーサイズのブレザーに、淡い色落ちのデニムをあわせた抜け感のあるカジュアルスタイル。シューズの上品なブラックに映える真っ赤なソックスを挿して、足元をフレッシュに。

ソックス¥4400 / Véritécoeur(ヴェリテクール)、ジャケット¥34100/ORCIVA(Lビショップ)、トップス¥23100/UNION LAUNCH(サザビーリーグ)、デニムパンツ¥16500 / COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ ジャパン)、スカーフ¥13200 / manipuri(マニプリ)

ソックスの色を効かせた秋のコートスタイル

季節はすっかりコートが活躍する時期。チェックの裏地が素敵なステンカラーコートに、チェック柄のパンツの合わせ技。柄×柄に負けないように足元にはイエローのソックスをイン。

ソックス¥550/靴下屋(タビオ)、コート¥39600/Gymphlex(ビショップ)、セーター¥21500 / COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ ジャパン)、パンツ¥12100 / Lee(リー・ジャパン カスタマーサービス)、メガネ¥51700 / EYEVAN7285(コンティニュエ)、バッグ¥50600 /IL BISONTE(ルック D.C 事業部)

plain to

メイドインジャパンの靴づくりにこだわる《リーガル》のプレミアムライン。日本人女性の足に合わせたオリジナルの木型を用いた、やわらかなフォルムと高いフィット性を併せ持つマニッシュな1足。内側にも革を使用することで、高い吸湿性も実現。

¥39600/REGAL(リーガル コーポレーション)

フリルシャツにオーバーオールの掛け算

ガーリーなフリルシャツはワークなオーバーオールと合わせてバランスを。ツイードのジャケットに袖を通せばあっという間にアイビールックの完成。ロゴキャップに大きめのメガネで拍車をかけて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ