無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1,000万円貯めた人が「ドラッグストアで買うと大損」「絶対ダイソーで買う」ストレスゼロ節約術

100yen

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

家族や将来のために、できるだけ節約を心がけたいですよね。

今回は、子ども3人の母で、貯金ゼロから1000万円貯めた「ヨムーノライターのchippuさんが実践している節約術」をご紹介します。
お得な買い物のコツや節約のための心得は必見!ぜひ参考にしてくださいね!

ドラッグストアで買うと大損!100均で買うべき3選

日々、生活用品を底値でゲットするための策を考えている私ですが、買い物をする際、「ドラッグストア」と「100均」をよく使い分けています。
“日用品はドラッグストアで購入するもの“というイメージはあるものの、なかには100均の方がお得に買えるアイテムもたくさんあるんです!

そこで今回は、ドラッグストアよりも100均で買った方が安くてお得なアイテムを紹介します。
値段的な部分はもちろん、使い勝手も抜群のアイテムを厳選していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

100均(ダイソー)の方がお得かどうかを判断するポイント

ドラッグストアと100均、どちらで買った方がお得なのかを判断するポイントが、イマイチ分からないという方もいるかと思います。
もちろん、販売価格もひとつの重要ポイントです。

安く買うことができれば、単純に日用品費などが削減できるので、節約につながります。
ですが、100均の商品と比べるとなると、見落としてはいけないポイントがまだほかにあるのです!

内容量と値段だけでなく「品質」で比較することが重要!

100均の商品は、ほとんどが税込み110円で購入できるという点が大きなメリット。ドラッグストアの販売価格よりも安ければ、迷わず購入するのも絶対に間違いではありません。
また、100均には、安くて大容量の商品も取り揃えているので、コスト面で見た時にお得に感じるアイテムが多いです。

しかし、さらに注意しておきたい点があります。それは、商品そのものの「品質」です。
私自身、「内容量が多くて値段も安い!」という商品を見つけて購入したものの、実際に使ってみたらすぐにダメになってしまった…。質が悪すぎて使い物にならなかった…。という経験が何度かあります。

そのため、内容量が多い&値段が安いからといって、必ずしも100均で買った方が安い!とは言い切れません。
ドラッグストアと100均、どちらで買った方が良いか判断する際は、値段と内容量だけでなく、品質にも目を向けて比べてみましょう!

【ドラッグストアより100均が安い】3選

(1)ダイソー「フリーザーバッグ」

食材の冷凍保存に欠かせない、フリーザーバッグ。
ドラッグストアでも売っていますが、大きなサイズになればなるほど枚数が少なくなり、値段も200~300円と案外高いです。

一方100均では、いろいろなサイズのフリーザーバッグが取り揃えられていて、すべて110円で購入できます。

フリーザーバッグの厚みはドラッグストアで買ったものの方が厚手に感じるものの、100均のフリーザーバッグでも穴が開いてしまうこともなく、「薄くはない」ので、使い勝手は十分です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ