無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大阪みやげの王道「551HORAI」 有名豚まんのおいしさのヒミツ&本店限定商品をチェック!

旅行・おでかけ

大阪を代表するおみやげといえば、「551HORAI(ごーごーいちほうらい)」の豚まんはマスト!関西人なら知らない人はいない「551があるとき~!」のCMで知られる豚まんは、なんと1日約17万個も売れるという看板商品。2021年9月にリニューアルし、さらにパワーアップしたなんばの「551HORAI 本店」で、豚まんの秘伝の作り方や限定商品など、数々の魅力を発見してきました!

リニューアルでさらにパワーアップした「551HORAI」発祥の地・本店へ

看板メニュー・豚まんのおいしさのヒミツとは?

「豚まん」2個入380円~

こちらが約75年愛され続ける豚まん!変わらぬ製法で、職人さんが1日約17万個を1つずつ手包みし、即時販売しています。ふっくらとしてボリューム満点!

豚まんの具は豚肉と玉ねぎ、調味料のみとシンプル。甘い玉ねぎとジューシーな豚肉を、ほんのり甘みのある生地が引き立てる絶妙な味わい。たまらず何度でも食べたくなるおいしさです。
ちなみに、関西では「肉」といえば牛肉を指すため、「肉まん」ではなく「豚まん」とよぶようになったそう。

豚まんの具と生地は、自社工場で作ったものを毎日数回配送し、各店の厨房で実演販売します。店舗ではまず、生地を切り分けて発酵。最適な温度管理により、もっちりした食感が生まれるそう。

豚肉と玉ねぎ、調味料を混ぜ合わせた具がこちら。豚肉と玉ねぎは、食感を出すため大きめのダイス状にカットしています。

発酵させた生地で具を包みます。約15秒に1個のペースで美しい豚まんがどんどん生み出されていきます。早い人では、1分に8個包む達人も!

最後は、セイロで蒸しあげれば、アツアツ豚まんの完成!

現在は本店をはじめ、約60店展開していますが、すべて関西エリア。生地の発酵状態を最適に保つことや、販売当日に無添加で具材を加工することなど、鮮度を一番に重視しているので、関西でしか販売ができないのだそう。当日作りたてなのも、「551HORAI」のおいしさの理由です。

豚まん以外にも人気の商品がたくさん!本店限定メニューも

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ