無料の会員登録をすると
お気に入りができます

狭いキッチンの上手な置き方とは?使いやすいキッチン家電レイアウト実例

インテリア

キッチン家電の置き場は、インテリアを整えるときネックになるお困りごとのひとつではないでしょうか。今回は実例をもとに、使いやすく見た目も美しいキッチン家電のレイアウトをご紹介します。

3:炊飯器

キッチンの片隅にスツールを使って置く

www.goodrooms.jp

炊飯器は蒸気を発する家電なので、熱や蒸気を脱がしやすい場所にレイアウトするのがおすすすめ。体より下に置くなら蒸気に触れてやけどをしないよう、人の行き来が少ない場所に単独で置くと安心です。

こちらのお宅では、安定感のあるスツールを台にして炊飯器の置き場をつくっています。

DIY棚の上に置く

www.goodrooms.jp

シンク横の棚に炊飯器を置けば、お米を研いだ後炊飯するまでの流れがスムーズに。自分の身長に合った高さやスペースに合ったサイズの棚が見つからない場合は、こちらのお宅のようにDIYするアイデアも。オープン棚なら扉の開閉が不要なので、モノの出し入れがラクになります。

キッチンと横並びで置く

www.goodrooms.jp

キッチンと横並びでキッチン家電を置けば、横移動だけで調理の工程が完了するためシンプルな動線に。I型キッチンをすっきりと見せるレイアウトです。

4:コーヒーメーカー・電気ケトル・ポット

デッドスペースを活用し、シェルフの上に置く

www.goodrooms.jp

柱の前など、部屋の凹凸を上手に使って棚を設置し、すっきりとキッチン家電をまとめています。壁の色に合わせた棚を選ぶと、圧迫感を抑えすっきりと見せることができます。

カフェコーナーをつくる

www.goodrooms.jp

コーヒーメーカーや電気ポットなど、キッチン家電とともにティーセットやコーヒーセットを集めてカフェコーナーをつくるアイデアも。コーヒーミルなど道具のデザインにもこだわれば、ディスプレイとしても絵になります。

「わが家」のキッチン家電の定位置を決めよう

www.goodrooms.jp

キッチン家電の使いやすいレイアウトは、家族構成やライフスタイルによって異なります。見た目の美しさと使いやすさのバランスをとりながら、少しだけレイアウトを見直してみるとキッチン家電がより活躍してくれるはずです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ