無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長野、新潟、埼玉のオモウマい店!絶品焼肉タレに85歳店主の焼き鳥とは...?『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』

グルメ

毎週火曜日19時日本テレビ系全国ネットで放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』。

2021年11月23日放送分では、肉よりタレキャベツでご飯が進む焼肉定食の店や、負けずぎらいな女性店主が働く焼き鳥店に密着!

『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』の動画を見る

さらに、番組ではおなじみ『味のイサム』についても総集編で紹介していきます。

ゲスト:的場浩司、SHELLY、梅澤美波(乃木坂46)

長野県須坂市『とら食堂』笑えるほどウマい!?絶品タレでご飯が進む焼肉定食1,150円

オモウマい食堂と題して、まずは長野県須坂市にある『とら食堂』へ。店へ近づくと見えてくるのが「とら食堂」と店名が書かれた看板です。店名を見るやいなや、スタジオでは「阪神タイガースファン?」「とんかつ(の店)?」といった声が上がり、どんな店だろうかと思いを巡らせます。

さっそく入店し取材交渉をする番組スタッフに、店主の小林正徳さんは「(まずは)食べてみて」と笑顔。番組スタッフがおすすめを聞くと、すすめられたのは意外にも焼肉定食。「おいしいとんかつ」と外に書いてあったため、「とんかつじゃないの」とスタジオがざわつきます。

店主曰く、焼肉が成長してとんかつのウマさを追い抜いたとのこと。この説明にスタジオは爆笑です。焼肉定食を食べる前に紹介されたのが、長野県ブランド豚のみゆきポークを使い、たっぷりのニンニクで食べる特上とんかつ定食1550円!

SHELLY「このぶ厚さのわりには安い」
ヒロミ「東京じゃ、結構な値段するよ」
的場浩司「東京じゃ2000円いっちゃうんじゃないですか」

場面は変わり、厨房内の映像へ。アルバイト従業員のアンナさんに「がんばーれ」と独特のリズムで歌う店主。とにかく賑やかで明るい厨房の様子が伝わります。

忙しそうな店主から発せられた言葉は「ジャスト待っててモーメント」。何度か発せられるそのセリフに小峠さんも「それはなんだよ!」とツッコミます。そして、いよいよ焼肉定食の調理シーンへ。

どこまで撮影可能か問う番組スタッフに、味を最も進化させたというタレの調理風景も「全部見せる」と太っ腹な店主。焼いた豚肉に、ニンニクや日本酒約1合、20種類以上の材料を配合し、1ヶ月熟成させたしょうゆベースのタレを加えて完成です。

店主が「味が(日々)変化していくから」と自信を持つ、看板メニューの焼肉定食1150円。おかわり自由の千切りキャベツを、タレに浸して食べるのも通な食べ方です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ