無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日30分のウォーキングで脂肪が減る。消費カロリーは?意外な効果もある?

ダイエットというとランニングやウォーキングなどの運動を思い浮かべると思います。日によっては運動をしてもエネルギーを消費した気分にならないかもしれませんが、こうした運動は1日30分だけでもダイエットに効果があります。今回は1日30分のウォーキングがダイエットにどれだけ効果的かを紹介していきます。

美容

ウォーキングはダイエットになるの?

ウォーキングは運動強度が低く、体に負担がかかりにくいので運動が苦手な方でも手軽に始められる運動です。ダイエットのための有酸素運動としても、おすすめです。

しかし、ウォーキングはジョギングやランニングに比べ楽に感じるので、毎日ウォーキングを続けていても本当に痩せるのだろうか?という疑問が湧いてきますよね。また、毎日ウォーキングを取り入れているけど、なかなか効果を実感できないという方もいるかもしれません。

実際に、ウォーキングはダイエットに効果があるのでしょうか?

1日30分のウォーキングでもダイエットに効果的!

一見楽そうに見えて、あまりエネルギーを消費していそうにないウォーキングですが、実は1日30分だけでもウォーキングを取り入れるとダイエットにかなり効果的です!

歩くだけでダイエット効果があるなら、ぜひ取り入れたいですよね。

ここからは、1日30分ウォーキングを取り入れることがどれだけダイエットに効果があるのか、ウォーキングを取り入れるメリットなどを紹介していきます。

1日30分のウォーキングの消費カロリーは?

ダイエットのためにウォーキングを行う目的は、エネルギーを消費すること。歩くことでカロリーを消費して脂肪を落としていきます。まずは、1日30分のウォーキングを続けると、どれだけカロリーを消費できるのか計算してみましょう。

消費カロリーを簡単に知ることのできる計算式をご紹介します。自分の体重(kg)に歩いた距離(km)をかけるだけで、おおよその消費カロリー(kcal)を計算できます。つまり、

消費カロリー(kcal) = 体重(kg) × 距離(km)

という式で表せます。

それではこの式を用いて、実際にウォーキングの消費カロリーを計算してみましょう。

ウォーキングの平均速度は約時速6km(ちょっとだけ速く歩く速度)です。この速度で30分ウォーキングを続けると、3km歩くことになります。

体重が50kmの場合、3km歩くと50×3=約150kcalのエネルギーを消費することになります。週に5回1日に30分のウォーキングを行うと、1ヶ月で150×20=3000kcalものエネルギーを消費することができます。

3000kcalというと、約0.5kgの脂肪が蓄えているエネルギー量に等しいです。つまり、3000kcal消費すると脂肪を0.5kg減らすことができます。脂肪が減ると体内の水分も減るので、体重にすると約1kg減るという計算になります。

ダイエットにウォーキングがオススメな理由

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ