無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ジップロック®」はどう収納する?使いやすく管理しやすい収納をプロが伝授

インテリア

種類も豊富で、今や生活に欠かせない「ジップロック®」商品。常に家にストックしているからこそサッと取り出しやすい収納が大事ですよね。この記事では整理収納アドバイザーの筆者がジップロック®の収納法や在庫管理についてお伝えしています。

どんな風に収納している?使い方無限大の「ジップロック®」

Photo by omori_tomomi

食材の保存から、料理の仕込み、雑貨や衣類を入れたりと使い方無限大の「ジップロック®」。お馴染みのバッグタイプだけでなく容器タイプも販売されており、その使いやすさから愛用されている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、整理収納アドバイザーの筆者がタイプごとに収納法や在庫管理の方法をご紹介します。

ジップロック®にはバッグタイプと容器タイプがある

Photo by omori_tomomi

ジップロック®には大きく分けるとバッグタイプと容器タイプがあります。

バッグタイプはお馴染みのジッパー式で冷凍保存からレンジで解凍までできる「フリーザーバッグ」や、ジッパーがスライド式で開け閉めしやすい「イージージッパー®」、ちょこっと保存するのに便利なお手軽バッグなど、用途に合わせて使いやすいラインアップになっています。

※写真左上、果物を入れている「スタンディングバッグ®」はメーカー出荷終了品のため、店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Photo by omori_tomomi

作り置きや余ったおかずを保存したり、お弁当箱にしたり、汁物にも対応できる容器タイプも、冷凍からレンジ調理まで可能。ひとつあると重宝します。

容器タイプには蓋の真ん中を押すだけで閉まるコンテナーと、蓋がスクリュー式で開け閉めしやすい丸型の「スクリューロック®」があります。

どちらもスタッキングできるつくりになっているので、冷蔵庫の中でも綺麗に収納が可能ですよ。

バッグタイプは収納場所と取り出しやすさを考えて

深めの収納には立てて上から俯瞰できるように

Photo by omori_tomomi

キッチン収納が深めの引き出しタイプになっている場合は、ジップロック®を立てて収納すると取り出しやすく、省スペースで利用することができます。仕切りのある収納や、使っていないコップなどに箱から中身を出して収納すると上から取り出しやすくなりますよ。

キッチンの収納が扉タイプなら、扉の裏に立てられるように収納スペースを取り付けて、空間を有効活用してもいいですね。

Photo by omori_tomomi

収納がないときや、毎回購入する個数や種類が違う場合には販売されていた箱を収納として使うこともできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ