無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水戸の日本三名園で「チームラボ 偕楽園 光の祭」を開催!2月1日よりチケット制で

旅行・おでかけ

2022年2月1日〜「チームラボ 偕楽園 光の祭」開催

LuckyFM茨城放送とアート集団チームラボは、茨城県水戸市の日本三名園・偕楽園で「チームラボ 偕楽園 光の祭2022」を2022年2月1日より開催します。開園180年を迎える偕楽園の森や庭そのものを使った、アーティスティックな光の演出を楽しめます。

会期中には「水戸の梅まつり」も見どころ

偕楽園は、国の史跡及び名勝に指定された江戸後期(1842年)の借景式庭園で、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつ。2022年に、開園180年を迎えます。「チームラボ 偕楽園 光の祭」では、開園180年を迎える偕楽園の森や庭そのものを使い、「長い生命の連続性」を表現することを試みた全8作品が公開されます。

約100品種、3,000本の梅が植えられ、梅の名所として広く知られる偕楽園。会期中、120年以上続く「水戸の梅まつり」(2月11日〜3月21日)も開催されます。チームラボが、梅が次々に咲き渡る春の偕楽園を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変化させます。

展示作品ラインアップ

▲立ち続ける光のovoid(卵形体)と、光り輝く木々。

▲偕楽園の孟宗竹林(もうそうちくりん)沿いを歩き続ける匿名で多様な肖像群。

▲かつての大型台風(1964年)で倒木となった大木の幹の内側の腐り落ちた空洞に、永遠に咲いては散っていく花々。

▲偕楽園の好文亭の前に広がる松やつつじの庭園の「陽の世界」と、クマザサ、大杉森、孟宗竹林が茂る幽暗閑寂な「陰の世界」の境界にある作品。

▲偕楽園造成時に地形の高度差を利用して集水した湧水泉が吐玉泉(とぎょくせん)。

▲樹齢約800年と言われている巨木(樹高約35m、根本の周囲約17.2m)に、永遠に咲いては散っていく花々。

記事に関するお問い合わせ