無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コロナ禍で住宅購入に変化? 予定より買う時期を早めた人多く

ライフスタイル

コロナ禍は私たちの生活に大きな影響を与えました。住宅選びも例外ではありません。購入時期、購入価格、購入場所などはどう変わったのでしょうか。今後もその傾向が続くのでしょうか。

コロナ禍の変化は今後も尾を引く可能性

大手不動産仲介会社を中心とする業界団体の不動産流通経営協会では、毎年「不動産流通業に関する消費者動向調査」を実施しています。このほど公表された2021年度版は、首都圏で住宅を購入、2020年4月から2021年3月までの間に引渡しを受けた人を対象としています。

調査内容は、購入に当たっての資金調達から中古住宅への意識など多岐にわたりますが、最新の2021年版では新型コロナウイルス感染症拡大が、住宅の購入にどんな影響を与えているかも調査しています。

ウィズコロナからポストコロナに移行できたとしても、ニューノーマルなライフスタイルがすっかり定着しています。コロナ禍における変化は今後も継続する可能性が高いとみられるだけに、どんな変化が起こっているのかに注目しておきたいところです。

3人に1人は「コロナ禍が住宅購入に影響」と回答

調査では、コロナ禍の影響としてまず、住宅購入に与えた影響の有無を聞いています。

図表1にあるように、全体としては「影響した」が34.2%で、「影響しなかった」が65.7%となっています。ほぼ3人に1人が影響したとしているものの、3人中2人は影響はなかったとしており、全体としてはコロナ禍にかかわらず、住宅取得を考えている人は、購入計画をそれまで同様に進めて、実際に住宅を取得しているようです。

この割合は、購入した住宅の形態によってかなりの違いがみられます。「影響した」とする割合が最も高かったのは新築戸建て住宅を買った人で、44.3%に達しています。「影響した」とする既存(中古)戸建て住宅、既存(中古)マンション購入者は4割前後ですが、新築マンション購入者では15.2%にとどまっています。

これは、あくまでも筆者の推測ですが、新築マンションを取得する人はその価格の高さからみて、比較的年収が高く、生活が安定している人たちが多く、コロナ禍だからといってアタフタする必要はない、じっくり構えて、本当にほしい物件が出てきたときに動けばいいと考える人が多いのではないでしょうか。

出典:一般社団法人不動産流通経営協会「不動産流通業に関する消費者動向調査(2021年度)」

取得価格は当初の予定通りが6割を超える

次に、コロナ禍が住宅購入に影響したとする人に、実際にどんな変化があったのかを、さまざまな角度から質問しています。

購入価格については、図表2にあるように、全体としては「特に影響はなかった」とする人が62.9%と最も多く、「当初予定よりも、高くなった」が20.3%、「当初予定よりも、低くなった」が16.6%でした。このところ住宅価格は新築・中古、マンション・戸建てに限らず価格上昇が続いていますから、当初予定より高くなった人がやや多くなっているのは、コロナ禍の影響というよりは、市場動向を反映したものにすぎないのかもしれません。

出典:一般社団法人不動産流通経営協会「不動産流通業に関する消費者動向調査(2021年度)」

コロナ禍で購入時期を前倒しにした人が多い

コロナ禍の取得価格の影響はさほど大きくなかったようですが、購入時期には大きなインパクトを与えたのかもしれません。

図表3にあるように、全体としては54.3%と半数以上の人が「当初予定よりも、購入時期を早くした」と答え、「当初予定よりも、購入時期を遅くした」は8.6%にとどまっているのです。「特に影響はなかった」とする人が36.8%いるものの、全体としてコロナ禍で購入時期を前倒しした人が多かったようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ