無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1人暮らしの食費は平均いくら? 節約できている人に共通する4つのポイント

節約・マネー

1人暮らしにかかる生活費を節約しようとしたとき、真っ先に思い浮かぶのは食費の節約でしょう。食費は生活費のなかでもかなりのウエイトを占め、やりくり次第では大きな節約が見込める項目です。

食費を節約するには具体的にどうすればいいのでしょうか。統計から食費の平均値を知り、自分の食費と照らし合わせてみましょう。さらに、この記事では賢い食費の節約方法もご紹介します。

1人暮らしの平均食費はいくら?

食費が削れるかどうかを判断する目安の一つとして、食費の平均値を知ることが大切です。自分の食費が平均よりも高いなら、今よりもっと節約できる部分があるかもしれません。統計から、1人暮らしの食費の平均値をみていきましょう。

1人暮らしの平均食費(年別)

生活費の統計として最も代表的な総務省の「家計調査」から、食費の平均値を知ることができます。この平均値と毎月の自分の食費と比較してみましょう。平均値よりも上回っていたら、知らず知らずのうちにムダ遣いをしている可能性があります。

平成30年(2018年)から令和2年(2020年)の1人暮らし(単身世帯)における、1ヶ月あたりの食費の推移をみていきましょう。

出典:総務省・家計調査(家計収支編)2020年(令和2年)

1ヶ月あたりの飲食費は約4万円が平均値だとわかります。ただ、2020年は例年より食費が2,000円近く減少しました。それ以上に外食費が3,000円以上減っていることから、コロナ禍で外食自体が大幅に少なくなったものと考えられます。

1人暮らしの平均食費(男女別)

次に、1人暮らしの平均的な食費について男女別にまとめました。統計は令和2年(2020年)のものです。

出典:総務省・家計調査(家計収支編)2020年(令和2年)

飲食費を総合的にみて、男性のほうが約7,300円高い結果です。特に男性の外食費は女性のほぼ倍であり、外食費の高さがそのまま食費の高さに反映されていることがわかります。

節約ポイント1…自炊する

自炊が食費の節約には欠かせない(画像素材:PIXTA)

1人暮らしの食費の平均値がわかったところで、次にその食費の節約方法について紹介していきましょう。

節約ポイントの第1は、自炊をすることです。統計からもわかるように、外食費は食費を押し上げる最大の要因です。そのため、節約には何よりも自炊がおすすめです。具体的にどんなことから取り組めばいいか、節約のコツをご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ