無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダイソー]おうち時間におやこでくるくる♪ニット帽やアクセもかわいくできる「毛糸のポンポンメーカー」使い比べ!

100yen

ダイソーで販売されている手芸用品の中から、子どもと一緒に楽しめる「ボンボン&タッセルくるくるメーカー」と「毛糸でつくるふわふわボール」を紹介!使用感や仕上がりの違いを検証してみて、商品の比較をしてみました。

新型コロナの影響でまたもやおうち時間が増えてしまった…という家庭は多いのではないでしょうか?
子どもをおもちゃで遊ばせてもいいけれど、せっかくなら一緒に手芸を楽しんでみませんか?

***

こんにちは。7歳と5歳の姉妹のママ、高橋ゆうです。
食料品からおもちゃまで、なんでも揃う100円ショップ「ダイソー」ですが、実は手芸用品も充実!リリアンメーカーやレジンキット、手芸キットなど、手芸店顔負けの豊富なランナップなんです。

今回はそれらの中でも子どもと一緒に冬小物でおなじみの「毛糸のポンポン」作りが楽しめる商品を紹介!
実際に使ってみた感想をお届けします。

今回紹介するのは見た目も可愛い「毛糸のポンポン」が作れるアイテム♡

ダイソーの手芸用品コーナーで数あるアイテムのうち、ポンポンが作れるのは「毛糸でつくるふわふわボール」と「ボンボン&タッセルくるくるメーカー」の2つ!
※商品名は“ボンボン”ですがそれ以外の箇所では“ポンポン”と表記しています。

それぞれでポンポン作りをしてみて、使いやすさや仕上がりを検証してみます☆

「ボンボン&タッセル くるくるメーカー」を使ってみた!

まずは「ボンボン&タッセルくるくるメーカー」の使い方について。
形を見てわかるように、ハンドルをくるくると回して毛糸を巻きつけていきます。

1. 本体の中央部についている誘導リングに後ろから毛糸を通し、回転パーツについている溝に引っかける
2. 約100回くるくるとハンドルを回して毛糸を巻きつける。誘導リングを左右に動かしながら均等になるように巻くのがポイント。
3. 巻き終わったら毛糸を切って、ハンドルと棒パーツを外す。
4. 縛る用に適度な長さに切った毛糸で、巻いた毛糸の中心を縛る
5. 巻いてある毛糸の両端を切ってくるくるメーカーから外し、毛糸の長さを整えれば完成!

子どもと一緒に作れるかな?早速作ってみた☆

まずは目新しいものが大好きな娘2人も一緒に使い方を確認。
くるくるメーカーの方はとりあえずくるくるとハンドルを回すシンプルな作業からなので、「まずはやってみて!」と長女に渡してみました。

毛糸を固定してくるくるくるくる…ちょっぴりコツが入りますが、子どもでもなんとか作れそう…。

…と思いきや、最後の工程に近づいてきたところで長女を見ると、くるくるメーカーに毛糸が絡まっていました。

でも、分解できるから大丈夫!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ