無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[今のうちに計画を]3月は2倍以上になる「引っ越し費用」 1円でもコストを抑えるテクニック

節約・マネー

学生、新社会人、転勤や異動…さまざまな人が新たな活動を行う春先の時期は、引っ越しの「繁忙期」です。

そのなかでも、3月下旬~4月上旬にかけて依頼が集中する期間は「最繁忙期」とされ、引っ越し業者の料金が1年で最も高騰し、平常月の1.5倍~2倍以上の価格となるケースも出てきます。

この記事では、そんな春先の引っ越しを予定している皆さんに向けて、少しでも引っ越し費用を安く抑えるために実践すべきテクニックを紹介していきます。

繁忙期の引っ越し費用相場はいくら?

繁忙期における引っ越し費用の目安は以下の通りです。

※「引越し侍」の依頼データより算出。金額はあくまでも目安

繁忙期の引っ越し費用は単身者で5万円程度から10万円前後が相場です。輸送距離が伸びると費用も高くなるため、長距離の引っ越しは10万円を超える可能性があります。

三人家族の場合、近場への引っ越しであれば10万円を超えずに済む場合もありますが、近隣の都道府県や遠方への引っ越しの場合、20万円前後~30万円超えといった見積もりになる場合もあります。

なお、最繁忙期の3月末には50万円や100万円といった引っ越し費用を提示される人もいるため、繁忙期の引っ越し費用には非常に気を付けなければならないことがわかるかと思います。

最繁忙期は「引っ越し難民」にならないための注意も大切

前項の通り、3月末~4月頭の引っ越し費用は高額なので予算との照らし合わせが重要ですが、費用と同じくらい気を配っておかなければならないのが「引っ越し難民」の存在です。

引っ越し難民とは、簡単に言えば「繁忙期に引っ越し業者が捕まらず引っ越しができない人」のことです。依頼者が急増する春先は引っ越し業者の稼働スケジュールも埋まってしまうため、自分が希望する日程に対応できる業者が見つけられず、結果として依頼ができない「難民」になってしまうという図式です。

また、依頼者によっては引っ越し業者から提示される見積もりが高額過ぎるために、

自身が引っ越し難民にならないために気を付けたいのは、主に以下の4つのポイントです。

・引っ越し作業を行える日程や時間帯に複数の候補を設けておく
・なるべく多くの引っ越し業者に問い合わせる
・可能な限り依頼を早期に行う
・引っ越し費用の予算に余裕を持たせる

引っ越しを行う日程に複数の候補を持ち、かつ数社の業者へ見積もり依頼をしておけば、スケジュールの空いている業者が探しやすくなります。また、引っ越し作業は午前開始を希望する依頼者が多いので、午後からの時間帯を空けられるのであれば、その分、対応可能な業者を探しやすくなるでしょう。

もちろん、早期に業者へ依頼をして日程を抑えるのも有効です。加えて、料金が高騰しやすい最繁忙期の場合は、引っ越し費用の予算にも余裕を持たせることができると、それだけ業者を決定しやすもなります。

繁忙期でも活用できる引っ越し費用の節約テクニック5選

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ