無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フェリシモ企画担当者に聞いた!ぬれた傘が不快にならない「ありそうでなかった超便利な傘袋」の開発秘話。

ライフスタイル

「コレが欲しかった!」そんな便利グッズが見つかる通販でおなじみのフェリシモ。ユーザーの困りごとにプランナーが寄り添い、何度もブラッシュアップを重ねて商品化しているから、1つあるといくつもの悩みや不便が解決します。今回は、40代に人気の「ありそうでなかった超便利な傘袋」を企画したプランナーさんにお話を伺いました。

満員電車+長い傘=ビッショビショ(泣)

www.photo-ac.com

電車の中で自分の服やバッグ、隣の人の服まで濡らしてしまいそうになったことありませんか?

雨の日の電車移動、イヤですよね…電車通勤のワーキングママたちは特に大変です。家族を送り出した後、やっと駅について電車に飛び乗ったら、雨にぬれた自分の傘でパンツやスカート、バッグがビショビショに…。運悪く電車が揺れると、今度は隣の人に傘が触れてしまって「あ、すみません…。」そんな経験はありませんか?

www.felissimo.co.jp

傘を閉じたらそのままIN!ラベンダ―色のマイクロファイバーが水分を吸いとってくれる!

「ラミプリュス 水分を吸収しながらスマート IN! 隣の人も自分もぬれない スリム傘袋の会」は傘をくるくると巻き留めなくても、そのまま回しながらスルッとINが可能です。そのうえ、袋の内側のマイクロファイバーが水分を吸いとってくれるので、誰もぬらすことなく電車内でも快適!それに加えて、帰り道にお買い物を…という時には、傘袋のストラップを調整して、肩から下げればスーパーでの「傘ジャマ問題」も解決でき、使い捨てのビニールの傘袋を使うこともなくSDGsの観点からも優秀です。

多くのユーザーから支持を得ている秘密は、日々の暮らしの中で「ユーザーが出会うさまざまなシチュエーション」を想定した商品づくりにありました。

「こうして肩から下げれば買い物帰りでも両手が空くんですよ!」
…担当の岬さんは、大ヒット商品「レジカゴリュックⓇ」のプランナーでもありました。

問題解決型、生活雑貨プランナー

次々とヒット商品を生む岬さんは、saita世代と同じ40代。
特技は手芸やDIY、最近はキャンプや発酵食品が気になるとのこと。

フェリシモの雑貨カタログKrasoを見ていると、町の雑貨店では見たことの無い商品を見かけます。「これって何?」と説明を読み進めてみると、ユーザーの細かな悩み、ほんの少しの面倒くさい!に寄り添って作られたものだということが分かります。
「どんな人が作ってるんだろう?」と気になって株式会社フェリシモ生活雑貨事業部家事雑貨グループの岬直子さんを訪ねました。

忙しいワーキングママ世代に響く商品を

使わないときには、畳んでコンパクトにしてカラビナでバッグと一体化。
傘袋を使うときにはカラビナを外さなくても収納袋の下の部分を開けて取り出せます。

──フェリシモの商品に共通する商品化までのあらすじを教えてください。

岬さん:最初のアプローチとしては、まずは生活者であるお客さまの声を拾うことです。生活に寄り添い、悩みや不便を解決する雑貨を作りたいので「こんなのがあれば便利なのにな。」「このひと手間が面倒だな。」という思いや声をカタチにして、少しでもわずらわしい作業や不便が無くなれば…と思っています。
例えば、このラミプリュスの傘袋は、収納袋をバッグにカラビナで付けたまま、傘袋を取り出すことができて、1アクションで傘を入れることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ