無料の会員登録をすると
お気に入りができます

早稲田大学にオープンした「村上春樹ライブラリー」は本好きの楽園!みどころ&過ごし方って?

旅行・おでかけ

今東京で話題を集めているスポットが、早稲田大学にオープンした「国際文学館」!ここは通称「村上春樹ライブラリー」とよばれており、刊行された村上春樹氏の作品がすべて集まっています。それだけでなく、オーディオルームやギャラリーラウンジ、カフェなどもあり、いろんな角度から作品の世界観に浸ることができちゃうんです。みどころたっぷりな「村上春樹ライブラリー」の楽しみ方をご紹介!

パラレルワールドへの入り口?美しい木のアーチがお出迎え

東京メトロ・早稲田駅から徒歩7分の早稲田大学構内にある「村上春樹ライブラリー」こと「国際文学館」。既存の校舎を改修したという真っ白な建物には、まるで時空の歪みを表すかのようにダイナミックにうねるようなトンネルとひさしが。

こちらは村上氏が早稲田大学在学中に通っていたという、「坪内博士記念演劇博物館」(写真左奥の建物)の隣に位置しています。

建物のリノベーション設計を隈研吾氏が担当。ひさしにも、隈氏ならではの木が使用されているのがポイントです。入り口はまるでライブラリーへ誘うトンネルのよう。

建物内部にもトンネルのようなアーチが続き、地下へと階段で繋がっています。村上作品特有の、異世界に繋がる様子を表現しているそう♪

この素敵な空間は、早大生だけでなく、予約をすれば一般の人でも無料で利用できちゃうのです!現在予約枠は1日4部(12~13時は早大生優先枠)が設置されており、入館希望日の1カ月前から予約が可能なので、お目当ての日は早めにマークして。

村上作品や国内外の文学と出合う階段本棚&ギャラリーラウンジ

入り口すぐの「階段本棚」は、「村上春樹ライブラリー」を象徴する場所でもあります。企画によって内容は入れ替わりますが、開館当初は、向かって右が「村上作品とその結び目」、左が「現在から未来に繋ぎたい世界文学作品」。

「村上作品とその結び目」では、村上作品の1冊からテーマを設け、同じ世界観を感じられる本や、村上作品の理解が深まるような本が並んでいます。

また、「現在から未来に繋ぎたい世界文学作品」では、「あなたにとっての世界文学とは?」というテーマのもと、作家や映画監督などが選書を行ったというユニークな企画!

「階段本棚」では、階段に腰掛けたり、地下1階のラウンジで本の閲覧が可能です。階段や本棚に散りばめられた白い人形を探すのも楽しいですよ。

次は1階の「ギャラリーラウンジ」へ。木のぬくもりが感じられるこちらでは、デビューから最新作までの村上作品が並びます。ケース内に展示された書籍のほとんどはレアな初版版♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ