無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おひとり様でも安心♡吉祥寺で気軽に食べられる激ウマ名店特集

一人でもふらっと入って美味しいご飯を食べられたり、ホッと一息入れられるお店って知っていますか?実際に足を運んで本当にオススメのお店ばかりをまとめてみました。

2019年1月
グルメ

ひとりでも贅沢したい!

吉祥寺でぶらぶらするなら?

アオ on Instagram: “🌱 6月にopenした井の頭公園内の コーヒースタンド「INOKA」 . “チョコミントラテがおいしい”と 前々から耳にしていて、 あいにく私はチョコミン党ではないので 行くのをためらってたけど…… 寄ってみたら他のメニューも結構ある! というわけで…”
instagram.com

休日や仕事帰りに一人でも安心して入れるようなレストランやカフェなどの飲食店って、なかなか見つかりませんよね。実際に足を運んでみて、「ここなら1人でもゆっくりできそう」と思える吉祥寺の名店をご紹介します。

本格派のおいしい紅茶が飲める店

多奈加亭(たなかてい)本店

美味しい紅茶やケーキを食べながら、のんびりした時間を過ごすなら、多奈加亭(たなかてい)本店がおすすめです。こちらのお店は、とてもこだわりのある老舗。注文をすると、その飲み物や食べ物にぴったり合ったブランド物のお皿やカップが出てきます。

紅茶が何種類も並べられている

カウンターの席に座れば、何種類もある紅茶の葉や、ブランド食器を眺めることができます。アンティーク食器が好きな人や、ブランド食器で優雅な時間を過ごしたい人におすすめです。1人でのんびり読書をしたり、静かな時間を過ごせますよ。

ブランド食器がズラリ

ホットティーを注文すれば、ティーカップとソーサーがきちんと温められ、ちょうどいい温度で運ばれてきます。せっかく自分のために時間を使うなら、丁寧なもてなしをしてくれるところがいいですよね。

詳細はこちら

意外と穴場なお店でゆっくりできる!

COLONIAL GARDEN 吉祥寺

こちらのカフェは、吉祥寺の駅近くにあるコピス吉祥寺の中にあります。チーズ&ミートイタリアンがテーマになっていて、ランチの時間帯の11:00〜14:00には、パン・ドリンクビュッフェ付きでお腹いっぱい食べられます。

緑いっぱいのインテリア

ラクレットチーズや佐賀牛を食べたい時にもおすすめですよ。今の時期は歓送迎会に利用している人も多いんだとか。店内は緑いっぱいの装飾で、お店の中にいながらお庭でお茶を飲んでいるような感覚を味わえます。

店構えもおしゃれ

貸切のパーティーをしたり、女子会を楽しむ人も大勢います。おすすめは、ティラミス。小さなお鍋のようなお皿で持ってきてくれます。

お店のInstagramはこちら

ちょっと小腹が空いたら♡

パンの田島 吉祥寺店

ちょっと小腹が空いたら、コッペパンの中にジャムやマーガリンを挟んだり、焼きそばやコロッケなど、少し懐かしさを感じさせる「パンの田島」で一息つきましょう。こちらの店舗は、一階で購入すれば、二階のイートインスペースで食べられます。

まるで学校の教室のようなインテリア

学生時代に給食を食べているような気分になれるのが、こちらの魅力です。黒板には、その日のおすすめや、パンの魅力について書かれています。カウンターに座れば、外も見えます。

廊下も学校みたい

スタッフルームは「職員室」、イートインスペースは「喫茶店」という札がかかっています。気持ちが落ち着く空間です。

詳細はこちら

自然の中でのんびりご飯するなら

鳥良(とりよし)吉祥寺4号店

外に出て、自然の中で食事を楽しみたかったり、テラスで食事をしたい時には、鳥良(とりよし)吉祥寺4号店がおすすめです。テラス席なら、犬などのペットと一緒に入店も可能です。井の頭恩賜公園のすぐ近くにあり、ガラス張りになっている店内の席も人気です。

鶏料理がおいしい

店名にもついているように鶏料理がおいしく、しっかりボリュームもあるのに、お手頃な価格なのでお腹が満たされます。食事の前後に公園にお散歩に行ってから、食事を楽しむのもいいでしょう。

詳細はこちら

歩きながらスイーツを楽しむなら!

カーニバル 吉祥寺店

歩きながらちょっと甘いものを食べたいと思うなら、吉祥寺駅すぐにあるカーニバル 吉祥寺店のスイーツがおすすめです。ソフトクリームの上に好みのソースをかけてもらったら、トッピングは自由にのせられます。その時期によってトッピングの種類も異なるので、いつ行っても新鮮な味を楽しめますよ。

詳細はこちら

たまには贅沢しちゃおう♡

一人のまったりした時間を楽しむなら、吉祥寺の隠れた名店をめぐってみてください。のんびりしながら美味しいものを食べれば元気も出てきますよ。休日や仕事帰りにぜひ行ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ