無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[雑穀の選ぶコツとは?]おすすめの雑穀と特徴を解説

ビューティ

健康を気遣い、雑穀ご飯などを日々食べている方は多いのではないでしょうか。おおむぎ、赤米や黒米などの古代米、小豆や大豆など、様々な雑穀があり、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。今回は雑穀の特徴と選ぶコツをお伝えします。

雑穀の豆知識

雑穀について

雑穀には、あわやおおむぎ、黒米、赤米などがあります。大豆や小豆などの豆類も雑穀に含まれています。あわやひえなどの小さな穎果をつけるもの、キヌアやアマランサスやソバなどの擬穀、押麦や麦粒麦などの加工されたものなど、たくさんの種類があります。

雑穀の特徴

おおむぎ

おおむぎは食物繊維の中でも特に水溶性食物繊維が豊富なので、もちもちした食感が特徴です。おおむぎを蒸してローラーで押しつぶし、食べやすく加工されたものが押麦です。米のような形状に加工されているのは米粒麦です。

赤米

赤飯の起源といわれる赤米の赤色は、ポリフェノールのタンニンです。赤米を白米に1~2割ほど混ぜて炊くことで、ほんのりピンク色のご飯が炊きあがります。

黒米

紫黒米とも呼ばれることがある黒米。黒色はポリフェノールのアントシアニン色素です。中国では薬膳料理にも使われているそうです。
米に少量加えるだけでも、薄い紫色のご飯が炊きあがります。白米に比べ、鉄や食物繊維を多く含むのも特徴的です。

黒大豆

黒大豆の色はポリフェノールのアントシアニンです。また、ポリフェノールのイソフラボンも含んでいます。米と一緒に炊くことで、ほんのりピンクのような薄紫色がつきます。豆の特徴の香ばしさも楽しめることも特徴です。

小豆

小豆もポリフェノールを含みます。小豆ごはんは赤飯のように、小豆の風味が活かされたご飯が炊きあがります。

あわやひえなど小さな穎果を付ける雑穀

あわやひえ、きびなどは薄い黄色の色をした小さな粒の雑穀です。ごはんと一緒に炊くと小さなプチプチした食感を楽しめますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ