無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肩肘張らずに生活を楽しむ。2K 40㎡、一人暮らしのインテリア [私らしく暮らす]

インテリア

都会から地方、そして今回また首都圏と3回の引っ越しを行いながらお部屋づくりを楽しまれているかやさんの一人暮らし。SNSではご自身の生活体験をユニークに発信されているのに対して、今回はそのこだわりのお部屋作りについてお話を伺ってきました。

MY定番に追加したい!《ディーゼル》ライブラリーのデニムはコチラ

住まいの景色を楽しむ

現在の住まいはこれまでの一人暮らしで都会の便利さと田舎ののどかさの両方を経験されたかやさんだからこそ、路線からその両方の恩恵を得られるエリアを決定。

お住まいは不動産サイトで探していた中でも写真で室内の雰囲気が魅力的に伝わらなかったため、直接足を運んでみたところ、写真とのギャップに惹かれたそう。

「実際に住まいを見て雰囲気が良かったんです。加えて自分の考えるインテリアを楽しめるお部屋の3ポイントが押さえられていたのも決め手になりました。1つは日当たりの良さ、次にクローゼットなど作り付けの家具などがインテリアをレイアウトする上で邪魔にならないこと、そして長方形の間取りです」

理想の物件をかやさんが手がけられた中で、最も好きだと話されるのがソファーからの景色。

「お部屋全体の景色が見えるので気に入っています。ソファに座っている時間が生活の中では一番長い分、目に入る景色も一番良い場所に考えてレイアウトしています」

日中はリビング、寝室ともに日当たりが良いので家で過ごすのがとても心地よさそうですね。

寝室はリビング同様にシンプルな空間でありながら、植物やアートを差し色として活用。

「ベッドサイドに飾っているスロバキア在住の写真家Maria Svarbovaさんの作品は、ポップで親しみやすいデザインが好みで、どんな部屋にも合うだろうと取り寄せたものです。国内で販売されておらず、他の方と被ることも少ないですね」

「アートもインテリアに関心を持つようになって興味を持ち始めました。よく美術館に足を運びますが、センスを磨いていく上では自分がセンスの良いと思える人から情報収集することが一番だと考えていて、日頃からSNSや友人とのコミュニケーションも大切にしています」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ