無料の会員登録をすると
お気に入りができます

服があなたの味方になる!二の腕・お腹・お尻 お悩み別の「着痩せコーデ」

ファッション

「二の腕にボリュームがある」「下半身が太め」「全体的にぽっちゃり」など、体型のお悩みは人それぞれですよね。体型を全部隠そうとするのではなく、生かしながら似合うアイテムやコーディネートを取り入れるのがおすすめです。お悩み別に、おしゃれも叶うコーディネートと着痩せポイントをご説明します。

二の腕や上半身にボリュームのある人

wear.jp

ブランド : BEARDSLEY

二の腕のボリュームや上半身の厚みが気になる人は、サイズ感が出やすいぴったりとフィットするものは避け、ゆったりしたシルエットのトップスを選びましょう。

ギャザーやパフスリーブデザインなら二の腕カバーができますが、素材にハリ感が強いとより幅があるように見えてボリュームが出てしまうので、落ち感のある素材がオススメです。

そして、下半身は細めのシルエットやカラーパンツを合わせるとすっきりまとまり、カバーもしながらおしゃれ度も高いコーディネートに仕上がります。

上半身に対して脚やお尻など下半身が太めの人

wear.jp

ブランド : URBAN RESEARCH

上半身に対して、腰やヒップ、脚などの下半身が太めで年々気になってきたという人も、大人女性には多いと思います。

そんな人は、まずトップスはコンパクトにまとめて、ウエストの位置をはっきりさせて、脚を長く見せましょう。

そして、フレアタイプのロングスカートやワンピースなど、ラインの出にくいボトムスを選ぶとバランスがよくなります。
もともとの体型を生かしつつ、下半身のボリュームはカバーしながら、おしゃれの一部になり、すっきり見えが叶います。

お腹だけがぽっこり目立ってしまう人

wear.jp

ブランド : LEPSIM

全身は細身のイメージの女性でもどうしてもお腹だけぽっこりしてしまう人は、上下がセパレートの服だと強調されやすいので、ウエストに切り替えの出ないワンピースがおすすめです。

ワンピースの中でもIラインや、体のラインを拾うものだとぽっこりお腹が目立ってしまうので、足首に向けて少し広がるシルエットがベスト。

裾が広がるシルエットは重たく見えてしまう可能性もあるので、Vネックなど首元が詰まっていないタイプを選んだり、手首を見せたりすると抜け感を演出することができます。

全体的に厚みや丸みがあり、ふくよかな人

wear.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ