無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネーミングから好き!具がマシマシ!和田明日香さん「“かき揚げうどん”かき揚げ」レシピ

レシピ

こんにちは!小学生2人・未就学児2人・夫婦も入れて6人家族の食費節約に努力している担当ヨムーノライターもぞうしです。

家事ヤロウレシピの虜になり、美味しそうな料理をせっせと作る日々。思い立ったらすぐトライ可能なレシピが豊富でママ友の間でも「超実践向き」と話題です!

ここでは、家事ヤロウで紹介された和田明日香さんの『“かき揚げうどん”かき揚げ』を作ってみました。

【家事ヤロウ】和田明日香さんの『“かき揚げうどん”かき揚げ』

・かき揚げリングを事前に油にくぐらせておくと、タネがくっつきにくくなります!
・揚げている時に出てくる泡が細かくなってきたらカラッと揚がった合図

玉ねぎ、にんじん、桜えびと定番の具材は押さえたかき揚げという表現がしっくり来ます。オーソドックスな仕上がりで万人受けするレシピですね。

“うどん”なのか“かき揚げ”なのか一体どっちなのという物議が頭を過ぎりますが、当然ながら圧倒的かき揚げだと思います。

うどんにのせるかき揚げを想起させるかき揚げというところでしょうが、うどんの存在感が見た目にも食感的にも大きく幅を利かせているわけではありません。

むしろ、うどんはさり気ないワンポイントアイテムのような役割。

メイン食材として目立つ存在ではないものの、実は縁の下の力持ち、影の功労者として単調になりがちな食感と歯ごたえに良い変化をもたらしてくれます。

所々でうどんの持ち味であるコシと弾力、もちっと食感を楽しめます♪

おうちにあるアレでかき揚げリングは自作できちゃう

手間がかかるのは食材の千切り程度で工程もごく当たり前のかき揚げを作る手順です。かき揚げリングを活用するのがこのレシピの特徴ですが、道具なしにかき揚げをまとめるのは至難の業です。

牛乳パックを開いたやつの底は捨て、それ以外は折れ目にそって細長く4つに切り分けます。アルミホイルを巻き付けてから輪っかにすると、即席の使い捨てかき揚げリングの完成です!

これがめちゃくちゃ便利で、使い終わったあとはそのままポイできるので洗い物の手間も省けてラクチン。

100均でかき揚げリング買えなくて諦めてたって人は是非お試しあれ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ