無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「2倍使える」のに110円はズルい![ダイソー]「ほったらかしでOK」「何度でも使える」神グッズ

100yen

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。
皆さまはレシピ通りに料理を作っていますか?
面倒くさがりな私は「落とし蓋」や「あく取り」の作業をサボりがちです。省いても料理は完成しますが、このひと手間で味や見た目に差がつくんですよね。

今回は、ダイソーで見つけた瞬間に「これだ!」と購入を即決したキッチングッズをご紹介します。
このグッズがあれば、面倒な落とし蓋やあく取りがぐんと楽に!ズボラな私に欠かせないグッズになりました。

「落とし蓋」と「あく取り」が簡単にできる!

シリコーンあく取り落とし蓋
価格:110円(税込)

シリコーン素材でできた、あく取りもこなす落とし蓋です。シリコーンの落とし蓋は他でもあるけれど、あく取りまでできるものは珍しいですよね。

使い捨てのあく取りシートもありますが、こちらは洗って繰り返し使うことができ、エコかつ経済的です。
木製の落とし蓋と比ると厚みが薄いので、収納場所を取らないのも◎。私は引き出しの中に収納しています。

蓋には小さな穴が開いていて、小さな突起が両面にびっしりとついています。

商品説明によると、穴であくを吸い上げ、突起であくを吸着する仕組みなのだとか。

鍋に入れるだけで蓋が勝手にあくを取ってくれるので、ズボラにお役立ち!ほったらかしで料理をおいしくしてくれる便利なグッズです。

蓋の真ん中の穴は、菜箸を差し込んで鍋から引き上げるためのもの。

手が汚れず使えるところもズボラ向きですね!

煮物のあく取りに挑戦!

本当にあくが取れるのか、煮物を作って確かめてみました。
使い方は簡単です。あくが出てきたら、食材の上にのせて煮るだけ。
蓋の直径は15.5cm。直径17cm以上のお鍋に使ってくださいね。

基本的には、待っているだけでOK。蓋をのせたまま煮ると、次第にあくが突起にくっついてきます。
効果的にあく取りをしたいときは、菜箸で蓋をあくがあるところに動かすと、よりきれいに取れますよ。

使用後の蓋は、上下の両方にあくがついていました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ