無料の会員登録をすると
お気に入りができます

業務スーパーで買うべき台湾スイーツ!「芋圓」のおいしい食べ方を伝授

グルメ

業務スーパーで密かな人気の芋圓(ユーユェン)。タロイモから作られた台湾伝統の甘味のひとつで、豆花やかき氷のトッピングとして台湾を旅行した日本人からも親しまれています。ゆでるだけで手軽に味わえる芋圓を使った夏向きスイーツ2種をご紹介します。

ネクストタピオカ!? 芋圓を業務スーパーで確保!

Photo by muccinpurin

日本からほど近く、旅行先としても人気の高い台湾。ダージーパイやタピオカなど、昨今では台湾グルメも大ヒットを連発しています。

そんななか、業務スーパーにて台湾スイーツに欠かせない「芋圓(ユーユェン)」を発見。台湾スイーツのトッピングとして使われ、モチモチとした食感でネクストタピオカとも称されています。

業務スーパー「芋圓」

Photo by muccinpurin

価格/248円(税込)

一時期のブームこそ落ち着きましたが、いまでもタピオカのモチモチは私たちの心をわしづかみにしてやみません。そんななか、ネクストタピオカと言っても過言ではない台湾スイーツが「芋圓(ユーユェン)」です。

名前だけではピンと来ない方でも、パッケージにプリントされた台湾スイーツを見れば思い出すのではないでしょうか?かき氷や豆花にトッピングされている、丸くてモチモチなアレです。

Photo by muccinpurin

タピオカがキャッサバから作られるのに対し、芋圓の原材料はタロイモとさつまいも。タロイモは日本ではあまりなじみがありませんが、サトイモ科で熱帯アジア、オセアニアで栽培されています。

Photo by muccinpurin

袋から取り出した芋圓は、お世辞にもおいしそうには見えないビジュアル。ベージュと黄色の小さな小さなマシュマロのような見た目です。指でつまんでみると粉っぽさ満点。ゆでる前なのででんぷんが糊化していないようです。

作り方は? 3分ゆでて冷水でしめる

Photo by muccinpurin

業務スーパーでは冷凍で販売されており、食べる前にゆでる必要があります。鍋にたっぷりの湯を沸かし、芋圓を入れて中火で約3分ゆでます。ざるで引き上げたら冷水でしめ、水気を切ったら準備完了です。

砂糖が入っていないので冷しすぎると固くなり、おいしさが半減するので冷しすぎには注意してくださいね。また、ゆでてしばらく置くと芋圓同士がくっついてしまうので、すぐ使うか水をかけてからトッピングに使うとよいでしょう。

芋圓はこう食べる!夏におすすめなスイーツ2選

1. 豆花やかき氷にトッピング

Photo by muccinpurin
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ