無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプルで、落ち着く寝室の作り方。8つのおしゃれな実例まとめ[シンプリストの暮らし方]

インテリア

シンプルだけど、単純にモノが少ないわけじゃない。良い寝室の本質は「落ち着いた空間づくり」ではないでしょうか。良い睡眠や目覚めのためにできる、寝室・ベッドルームづくりのアイデアをご紹介します。

タウンユースにも最適!今チェックすべき《グレゴリー》のバッグ

リネン類の色をワントーンで統一する

シーツや布団カバー、枕カバーなどのリネン類を、白やグレーなどの落ち着いている色味で統一されている方が多いですね。ブルーや黄色など、お好きな色を取り入れてもちろんOK。その場合は色数は少なく、同色のトーンで差をつけると落ち着きが出て良さそうです。(写真のお部屋はこちら)

写真のお部屋はこちら

ワンルームの場合、余計なものが視界に入らないように工夫を

一人暮らしの方の場合、どうしてもリビングと同じ部屋にベッドを置くことになりがち。そんなときはごちゃごちゃした空間を視界に入れないよう工夫すると、落ち着いた寝室を保つことができそうです。こちらのお部屋では突っ張り棒を使って、ワークスペースと寝室をゆるやかに仕切っています。(写真のお部屋はこちら)

写真のお部屋はこちら

木のぬくもりを取り入れる

シンプルだけど、何もないのは味気ない……。そんなときは、木の素材を随所にちりばめると、シンプルな中にも温かみが出ます。こちらのお部屋ではラタン素材の照明や、カゴ、チェアなどを置いてナチュラルな雰囲気も感じられて、素敵ですね。(写真のお部屋はこちら)

写真のお部屋はこちら

リビングと自室が完全に分断されないように、木の存在でリンクさせていると教えてくださったのが、unicoのラタンヘッドボードのベッド。全体的に温かな印象になりますね。(写真のお部屋はこちら)

写真のお部屋はこちら

照明はできるだけ床近くに置く

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ