無料の会員登録をすると
お気に入りができます

古道具やキャンプ道具を愛する暮らし。二人暮らしの2LDKインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

朝市で手に入れてきた古道具と、週末に楽しむキャンプの道具。自分たちの好きなものをいつでも見える場所にたくさん飾って楽しむ、素敵な2LDKのお部屋を拝見しました。

上質な質感と絶妙なシルエットで大人気!《プチバトー》のTシャツシリーズ

大きなワゴンと古道具の似合うリビング

zukigm さんが二人暮らしを始めるタイミングで選ばれたのは、2LDKのお部屋。12畳ほどのリビング・ダイニングと、キャンプ道具を置く洋室、そしてベッドルームという間取りです。

LDKは、真ん中にIKEAの大きなキッチンワゴンをおいて、収納兼作業台として活用。

好きな器を飾ったり、かごや木箱をうまく組み合わせて収納されています。

ダイニングテーブルは置かずにキッチンワゴンに椅子を合わせたり、ちゃぶ台を出してくつろいだり。自由な形で使われています。

「あんまり新しすぎないところがいいな、と思って選びました」というお部屋は、柱や長押などちょっとレトロな部分も残っていて、お二人がもともと好きで持っていたという古道具がよく似合います。

レトロで雰囲気のある棚は、地元・盛岡の古道具屋さんで購入。「上と下に分けられるので、引越しても使えるかなと思って選びました。古いものなので木目の雰囲気や、ガラスがゆらゆら揺れるところとか、新しいものだとあまりないような感じもいいなぁと思っています」

りんご箱と、それにぴったりと収まる行李は、「神子田朝市」で手に入れたものなのだそう。「朝早くに二人で行って、古いものをよく手に入れています」

DIYでつくるキャンプ道具収納

LDKの隣は、お二人でよく行かれる山登りやキャンプの道具をしまうお部屋。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ