無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「痩せにくい体質」ってあるの?心がける食事内容とは?

美容

「何をしても痩せない」という人は、肥満遺伝子を有している可能性があります。
肥満遺伝子とは何か、また、肥満遺伝子を有していても、心がけることでダイエットにつながる食事内容とは …?実践しやすい食事内容をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

「痩せにくい体質」とは?

bybirth.jp

食事を食べる量が多くないのに痩せない、運動しても痩せない、という人もおられるかと思います。

そんな人は、生まれつき「肥満遺伝子」を有している可能性があります。

肥満遺伝子とは

肥満遺伝子は、エネルギー代謝に関わる遺伝子で、肥満遺伝子を持っていると基礎代謝量が低い・脂肪を燃焼しにくい、といった体質になるとされています。

基礎代謝量については、肥満遺伝子を持っていない人よりも100~200kcalほど低くなるのだそう。そのため、何をしても痩せにくいと感じることが多いのだそう。

ただし、肥満遺伝子を持っているからといって、必ず太るというわけではありません。体型に関しては、体質だけでなく、食事内容や運動、睡眠など、生活習慣も大きく影響します。

まずは、毎日する「食事」について、心がけるポイントをおさえてみてはいかがでしょうか?

「痩せにくい体質」で、心がける食事とは?

タンパク質を意識して摂取する

bybirth.jp

痩せやすい体質づくりには、タンパク質を意識して摂取することが大切です。

タンパク質は筋肉をつくる材料です。筋肉量は多いほど、基礎代謝量が増えて痩せやすくなります。そのため、「鶏ささみ」や「納豆」「鮭」「ゆで卵」など、良質なタンパク質をなるべく毎食取り入れましょう。

朝食にタンパク質を

早稲田大学の研究によると、朝食にタンパク質を摂取すると、筋肉量を増やすのに役立つのだそう。

朝食といえば「パン」や「ご飯」など、炭水化物だけの食事に偏ることが多いかと思います。「ギリシャヨーグルト」や「サラダチキン」「ゆで卵」「チーズ」「ちくわ」など、手軽に摂取できるタンパク質食品を、ぜひ朝食に取り入れてみてください。

食物繊維を積極的に摂取する

bybirth.jp

食物繊維は、糖質や脂質の吸収を抑える働きや、血糖値上昇を緩やかにする働きがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ