無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット中でも甘いものOK!?腸美人が選ぶ、白砂糖に代わる甘味料3選

美容

ダイエット中でも、甘いものへの欲求が抑えられない!そんな時には、せめて「白砂糖」を辞めて身体にいい代替品を利用してみましょう。その意識だけでも身体は変わっていきます。今回は、インナービューティープランナーの片山真美さんが白砂糖に変わるおすすめの甘味料をご紹介します。

白砂糖はダイエットの敵!

現代は、コンビニやファストフードなど、簡単に安く手にはいる食品に溢れています。お手軽で便利だからこそ、その食品には、保存性を高くする添加物や人工甘味料がふんだんに使われています。

そして、ダイエットの大敵である「白砂糖」も、そのうちの1つ。

白砂糖=太る、というイメージはきっと皆さんもお持ちですよね。でも、なぜ、白砂糖を摂取すると太るのでしょうか?

甘いものをやめられない理由の1つとして、甘いものが体にもたらす影響を知らない、ということもあると思います。今回は、白砂糖がダイエットの妨げの原因になる理由について、お話ししたいと思います。

「チョコレートが辞められない!」糖質依存から抜け出す6つの方法

白砂糖は、なぜダイエットの妨げになる?

・代謝に必要な微量栄養素がない

私たちの体に必要な栄養素のうち主となるものは、糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素と言われています。この3つは体の土台となるもので、エネルギー源にもなるため“三大栄養素”と呼ばれています。これらに「ビタミン」「ミネラル」を加えると、五大栄養素に、さらに「食物繊維」が加わると六大栄養素になります。

そのうち、ダイエットを成功させる上でとても重要な栄養素が「微量栄養素」。微量栄養素は、三大栄養素をはじめ、体内のあらゆる栄養素の代謝を円滑に進行させる、生命維持に不可欠な栄養素です。

つまり、微量栄養素がないと、エネルギー源の三大栄養素の代謝が進まず、体に余ってしまい、結果太りやすい体質になります。白砂糖は、完全に人工的に精製されているため、微量栄養素が含まれていない単なる「糖分」なので太ってしまうのです。

・血糖値が急激に上がり脂肪が蓄えられる

ダイエットにおいて、「血糖値」の上がり方は、意識して気をつけていきたいものです。

食事をして食べ物が体に吸収されると、血糖値が上がります。すると、上がった血糖値を下げるために、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。このインスリンが分泌されると、血糖値を下げる過程で血中の糖分を脂肪に変えて体に貯め込むように働きます。

血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンは過剰に分泌されることはありませんが、空腹状態からいきなりお菓子やご飯、パンなど糖質が多く含まれる食べ物をたくさん食べてしまうと、血糖値は一気に上昇し、インスリンが必要以上に分泌されてしまいます。これにより、糖分を脂肪として蓄積することに拍車をかけてしまうのです。

白砂糖は、口に入るとすぐさま甘みを感じ、吸収されるようになっています。そのため、血糖値が一気に上がり、脂肪として蓄積されやすくなるのです。

・お腹が空きやすくなる

急上昇した血糖値は、今度は急降下してしまいます。すると、お腹が空き、食欲が増長することに。血糖値を上げる高GI値の食べ物は、たくさん食べても、すぐにお腹が空いてしまうのです。

砂糖の種類別カロリー比較(大さじ1杯・小さじ1杯)と上手な摂取方法は?カロリーゼロにも落とし穴が
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ