無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット中でも甘いものOK!?腸美人が選ぶ、白砂糖に代わる甘味料3選

美容

ダイエット中でも、甘いものへの欲求が抑えられない!そんな時には、せめて「白砂糖」を辞めて身体にいい代替品を利用してみましょう。その意識だけでも身体は変わっていきます。今回は、インナービューティープランナーの片山真美さんが白砂糖に変わるおすすめの甘味料をご紹介します。

痩せたいなら、白砂糖以外をチョイスしよう!

白砂糖はダイエットに妨げになることは分かりましたが、それでも甘いものが食べたいときってありますよね。ダイエット中だからといって、ストレスになるような我慢は禁物。なんでも、我慢して「食べない」を選択すると、後々欲求が溜まって爆発し、リバウンドの原因になってしまいます。

そんな時は「少しでも体に良いものにシフトする」ことをオススメします。白砂糖以外にも、甘さを感じられるものがあるんです。ここからは、白砂糖の代わりに使いたい甘味料をご紹介していきます。

腸美人が選ぶ、白砂糖の代替品3選

それぞれ白砂糖とは何が違うのか、なぜ太りにくくなるのをチェックしてみてください。

1、甜菜糖(てんさいとう)

北海道を中心に栽培されている「甜菜(てんさい)」という植物からとれる糖です。根から取れるため、根菜類に分類され、“体を冷やさない”と言われています。上白糖のGI値が109なのに対し、甜菜糖のGI値は65です。白砂糖よりも、血糖値の急上昇を抑えることができます。

また、精製された上白糖やグラニュー糖にはほとんど含まれていない、オリゴ糖やミネラルが含まれています。まろやかな甘さが特徴です。お菓子作りには、溶けやすい粉末状がオススメ。

2、甘酒

甘酒には、甘さがありますが、人工的な砂糖は使われていません。また、ビタミンB群や必須アミノ酸を豊富に含み、疲労回復に効果的。「飲む点滴」と言われている甘酒には、ダイエットをサポートするミネラル類もたっぷりと含まれていて、美容にもとても良い飲み物です。甘酒としてストレートに飲むだけでなく、豆乳で割ったり、料理にコクを出すために使うのもオススメです。

ただし中には、砂糖が含まれている甘酒もあります。市販のものを買うときは、パッケージの裏を見て、余計な人工甘味料が含まれていない「本物の甘酒」を購入するよう気をつけてくださいね。

3、アガベシロップ

天然甘味料であるアガベシロップは低GI値の甘味料として知られています。そのGI値は21程と言われていて、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、ダイエット中でも安心して取り入れられます。植物由来の乳酸菌を含む、豆乳グルトにかけていただくと、小腹が空いたときに満足感を得られ、さらにタンパク質も補えるのでオススメです。

白砂糖は、脂肪を蓄積しやすくしてしまいます。なかなか痩せない、年々太っていくという方は、白砂糖を摂りすぎているのかもしれません。今回ご紹介した、体に良い甘味を上手く用いて、ダイエット中でもストレスにならないような食べ方を、ご自身で見つけていけると良いですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ