無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3児の母が感動…悩んでいた子どものかんしゃくが激減!神経科学の力で子育てをぐっと楽にする世界的ベストセラー本

子育て

ささいなことで激しく怒る、食わず嫌い、嘘をつく…。子どもの困った行動には、脳の働きが関係していた!?神経科学から子どもの気持ちを読み解く『6〜11歳 子どもの気持ちがわかる本』のブックレビューです。

3人育児に奮闘中のママライター、タキザワです。

わが家の長男も6歳になり、ずいぶんしっかりしてきたなと感じる一方で、時々ひどいかんしゃくを起こすことが気になっていました。ふだんはちゃんと話ができるのに、一度かんしゃくを起こすと筆者の話はまったく聞かず、泣きながら暴れる長男。筆者も始めは冷静に声をかけようとするのですが、結果的にいつもイライラが爆発して怒ってしまうという状況に頭を悩ませていました。

「一体何に対して怒っているんだろう」「どうしたら落ち着くんだろう」…。そんなことを考えていたときに出会ったのが、『6~11歳 子どもの気持ちがわかる本』(イザベル・フィリオザ著・かんき出版刊)です。

『6~11歳 子どもの気持ちがわかる本』

じつはとてもデリケートな6~11歳

著者であるフランスの心理療法士、イザベル・フィリオザさんは2人の子どもの母親。彼女は本書で、6〜11歳の時期がフィリオザさん夫婦と子どもたちにとって、もっとも困難な時期だったと語っています。

6歳ごろというと、イヤイヤ期を乗り越え、落ち着いて会話ができるようになったなと感じる時期。きょうだいのいる家庭では、「お兄ちゃん・お姉ちゃんになってきたな」と頼もしく感じることも増えてくるのではないでしょうか。

しかし、じつはこの6〜11歳の子どもは精神分析理論によると、思春期前の「潜伏期」という非常にデリケートな時期にいるんだそう。感情を上手にコントロールできるようになってくる一方で、自立への欲求という精神的な成長と、学校での勉強や人間関係という社会的な問題などが、子どもたちにこれまでになかった戸惑いや不安を与え、混乱させるというのです。

ふだんは素直にママ・パパの話を聞く子どもが、突然言うことを聞かなくなったり、家族や周囲を困らせるような行動を始める背景にはそういった問題が隠されていたんですね。

しかしそんな理由があるとは知らない大人が、子どもを大声で叱ってしまうことは残念ながらよくあること。著者イザベルさん自身も子どもに怒鳴ったり、罰を与えたりしては罪悪感に苛まれていたそうです。

そこでイザベルさんがその迷いと混乱の時期から抜け出すために実行したのは、子どもの頭の中で何が起こっているのかを理解すること。困った行動をする子どもの中で何が起こっているのかがわかれば、その子にとって適切で効果的な態度がとれるからです。

本書ではイザベルさんが心理療法士として見つけた、子どもたちの行動や態度に隠されていたものが何か、また具体的な対処法がイラストとともにわかりやすく解説されています。

子どもの愛情のタンクを満タンにしよう

時折ほんのささいなことで怒り出し、かんしゃくを起こす筆者の長男。ストレスがたまっているんだろうなと思いつつ、どうすればいいのかわからないまま悶々としていました。

本書によると、子どもがかんしゃくを起こす原因の1つは、やはり「ストレス」とのこと。子どもが攻撃的になったり、行動不能になったりするのは、脳がストレスを受けていることが表に現れたものなんですね…。

子どもがストレスを感じやすいのは、家庭内にいざこざがあったり、下の子が生まれたりして家の中の環境が変わったタイミングだそう。確かに長男も妹2人が生まれてから、異様に甘えたり、かんしゃくを起こすことが増えた気がします。

いつだったか長男がかんしゃくを起こしたとき、筆者が耐えきれず大きな声で怒ってしまったことがあります。そのとき、長男はびくっと一瞬体を震わせて硬直し、その後すぐに落ち着いて元に戻ったことがありました。

筆者は怒鳴ることはよくないと思いつつも、子どもが落ち着くのであれば、これも1つの方法なのかな…と軽く考えていたのですが、それはとんだ間違い!
怒鳴られたり、叩かれたりして子どものかんしゃくが止まるのは「落ち着いた」からではなく、危険な状況に体が動けなくなって、固まってしまっているのです。つまり原因であるストレスは消えていないため、また爆発を繰り返します。実際に長男のかんしゃくも続いていました…。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ