無料の会員登録をすると
お気に入りができます

効かないスクワットの原因5つ。間違いを正して、劇的にヒップアップ!

「ヒップアップにはスクワットがいいよ!」と聞いてトレーニングをはじめた人もいると思います。しかし、1ヶ月、2ヶ月とスクワットを続けたのにヒップアップしていない・・・ということがあれば、それは間違ったスクワットをしている可能性があります。そこで今回は、間違ったスクワットについてご紹介。正しいスクワットをすれば、確実にヒップアップできるのでぜひ参考にしてくださいね!

美容

やっぱりヒップアップにはスクワット!

ヒップアップにはスクワットが効くという話をよく耳にしますよね。確かにキュッと上がったお尻をつくるにはお尻の筋肉を鍛えることが不可欠ですが、数あるトレーニングの中でもなぜスクワットが注目されるのでしょう。

何故なら、スクワットは、ヒップアップのために鍛えるべきあらゆる筋肉を効率良く鍛えられるからなんです!また、成長に合わせて負荷のコントロールもしやすいので、初心者から上級者まで幅広く対応できる種目だということもメリットです。

あなたは大丈夫?お尻が垂れていないかチェック!

スクワットを行う前に、まずは現在のお尻の形をチェックしてみましょう。

鏡で後ろから見てください。お尻が伸びたように垂れていませんか?そのせいで、お尻と太ももの境界線がぼんやりしてしまっていませんか?次に横から見てみましょう。ボリュームがなく、ペタンコ尻になっていませんか?

理想は、後ろからみたときにお尻が垂れていないこと。そして横から見た時に立体的なボリュームがあることです。

この点に注目して、現状を把握しましょう。お尻を写真に撮り、日々の成長を記録してみるとトレーニングのモチベーションがアップしますよ!

スクワットで鍛えられる筋肉は?

スクワットで鍛えることができる筋肉を4つご紹介します。それぞれ場所や特徴が異なるので、トレーニングするときは使われている筋肉を意識してみてくださいね!

1.大臀筋(だいでんきん)

お尻の丸みをだす重要な筋肉です。体の中で一番大きい筋肉で、鍛えることで基礎代謝のアップも期待できます。主な役割は歩行関係のサポートです。

2.中臀筋(ちゅうでんきん)・小臀筋(しょうでんきん)

中殿筋は大臀筋の中にある筋肉で、お尻を持ち上げてヒップラインを整えます。主な役割は片足立ちなど、バランスをとるサポートです。

小臀筋は中臀筋の奥にある筋肉で、股関節の動きをサポートします。中臀筋と小臀筋は同時に鍛えられる筋肉です。

3.腸腰筋(ちょうようきん)

骨盤まわりの筋肉でインナーマッスルの一つです。鍛えることにより骨盤の歪みが改善されるので、ヒップアップも期待できるでしょう。また、姿勢をよくするサポートもしてくれます。

4.ハムストリングス

太もも裏の筋肉ですが、実はヒップアップにもとても重要!お尻を下から持ち上げてくれます。鍛えることにより太ももが引き締まり、お尻とのメリハリがつきヒップラインが強調されます。役割は膝の屈曲のサポートです。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む