無料の会員登録をすると
お気に入りができます

股関節のリンパを流すヨガポーズ|免疫力を上げる&美脚を叶えよう

寒さが深まるとともに、風邪やインフルエンザが流行するこの季節。筋肉の硬直で滞ったリンパの流れをピンポイントに改善するヨガで免疫力を高め、ウイルスや細菌を撃退する体をつくりましょう! ヨガ講師、鍼灸・按摩マッサージ指圧師の石田先生に「股関節」のリンパの流し方を教えていただきました。

ヨガジャーナル日本版編集部

ヘルスケア

股関節のリンパ節「鼠蹊部のくぼみ・内腿の付け根」をケアしよう

リンパ節は鼠蹊部と内腿の2カ所。ここへの刺激で、重力で下がりがちな下半身のリンパがスムーズに循環します。疲れやだるさを取り除きながら、むくみのないスッキリ美脚も実現!

鼠蹊部

1.内臓まわりに集まるリンパをツイストのポーズで刺激/ワニのポーズ

全身を腰からねじって、お腹の深い部分(乳び槽)にあるリンパの流れをスムーズに。内臓まわりのリンパが集まる骨盤内のリンパ節や、深鼠蹊リンパ節の働きを相乗的に高めます。

HOW TO

仰向けから、手のひらを肩の高さで下向きに伸ばす。片足を曲げて内側に倒し、顔は反対の方向へ。5秒キープして反対側も同様に。

POINT:背中をつけて下腹部をねじる

ワニのポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi

NGポーズ

肩や背中が浮くと、背骨の下側をうまくねじることができません。肩はしっかり床につけ、腰からねじりを深めること。

ワニのポーズのNG/Photo by Shoko Matsuhashi

EASYポーズ

腰まわりが硬くてねじりづらい場合、手のサポートで膝を押してもOK。この場合も肩が床から離れないように意識して。

2.内腿の効果的なストレッチでお腹~お尻のリンパを促進/合せきのポーズ

肘を使った内腿のストレッチで、お腹やお尻のリンパが流れ込む浅鼠蹊リンパ節を刺激。内腿の筋肉につながる骨盤底筋群を柔軟にして子宮の働きを高める効果も期待できます。

HOW TO

足の裏を合わせて座り、足先を包むようにかかとを引き寄せる。息を吐き、肘で内腿を押さえながら上体を倒して5呼吸キープ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ