無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2022年最新版!コンビニの人気冷やし中華を徹底比較[セブン・ファミマ・ローソン]

グルメ

暑い季節になると食べたくなる「冷やし中華」。この記事では、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの人気冷やし中華を食べ比べしてご紹介します!「味や値段の違いは?」「カロリーが低いものは?」そんなみなさんの疑問を徹底解決♪ ぜひ選ぶ際の参考にしてくださいね。

味わいからカロリーまで!コンビニの冷やし中華を比較レポ

Photo by donguri

さっぱりとしていて食べやすく、子どもから大人まで大人気のメニュー「冷やし中華」。コンビニでも夏の定番商品として、さまざまな種類の冷やし中華が販売されています。醤油だれ・ごまだれ、通常サイズ・ミニサイズといろいろあるので、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの人気冷やし中華を徹底比較!たれや麺の味わいはもちろん、具材のボリューム感やカロリー、糖質量なども詳しくご紹介します♪

コンビニの冷やし中華の販売期間は?

2月下旬〜10月初旬ごろまで販売されています

1. セブン-イレブン「さっぱり醤油スープの冷し中華」

Photo by donguri

561.60円(税込)

色鮮やかな具材が目を引く、セブン-イレブン「さっぱり醤油スープの冷し中華」。旧商品の「具材8種盛り冷し中華」と同様、8種類の具材がのっているのが特徴です。価格は比較するなかでもっとも高い561.60円(税込)。

軽めのランチや夜食に食べたい方は、チャーシューの代わりにハム、錦糸卵の代わりにゆで卵などがのった「さっぱり醤油スープのミニ冷し中華」(388.80円 税込)もありますよ♪

Photo by donguri

具材はチャーシュー、きゅうり、錦糸卵、カニ風味かまぼこ、わかめのごま和え、もやしときくらげの和え物、ザーサイ、しょうがの酢漬けの8種類。チャーシューは6×9cmほどの大きさでボリューム満点です。麺のトレーには、スープのほか和からしも入っています。

ちなみに岐阜県、愛知県、三重県、近畿の地域限定で、マヨネーズ付き(561.60円 税込)も販売されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

Photo by donguri

カロリーは一食あたり508kcalで、糖質は83.6gです。具材たっぷりなのでもう少し高いカロリーを想像しましたが、きゅうり、わかめ、もやしとヘルシーなものが多いためか、意外にも抑えられていました。

スープの材料には、しょうゆ、米酢、おろししょうが、レモン果汁などが使われています。商品名に「さっぱり醤油スープ」とあるように、米酢やレモン果汁を使用して爽やかに仕上げられているようです。

彩り豊かなボリューム満点の冷やし中華

Photo by donguri

8種類のボリューム満点の具材に、盛り付けるときからワクワク!赤・黄・緑と色味のバランスが良く、コンビニごはんとは思えないほど豪華です。麺のほぐし方のポイントは、具材をのせる前にスープと麺を絡ませておくこと。このひと手間でグッと食べやすくなりますよ♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ