無料の会員登録をすると
お気に入りができます

トイレの便器と床のスキマにたまる「尿の汚れ」をごっそり落とす“かんたん掃除術”

お掃除

トイレと床の隙間。ここってなぜか汚れがたまりやすく、気になりますよね……。この汚れが原因で臭いが発生しているかも。トイレシートで拭くだけではなかなか取れない!そんな困った”トイレと床の隙間汚れ”を、ある方法でかんたんに落とす掃除術をご紹介します。

なかなか取れない”トイレと床の隙間汚れ”

お掃除スペシャリスト(クリンネスト1級)のaidogです。

トイレの臭いって気になりますよね。「掃除しているのになぜか臭う……。」という方は、ここをチェックしてみて!
それは、「トイレと床の隙間」です。

「トイレと床の隙間汚れ」は、便器の外側を伝って流れた「尿の汚れ」がたまったもの。そこに「ホコリ汚れ」が合体してガチガチに固まったしつこい汚れに。
「アンモニア臭」を発する原因になっているんです。
頑固な汚れになってしまった隙間汚れには、通常の「トイレシート」で拭いただけではなかなか取りきれなかったりします。

今回はそんな「困った隙間汚れ」をかんたんに落とす掃除方法をご紹介します。

隙間汚れをとるかんたん掃除術

【使用するもの】

トイレと床の隙間汚れは尿が原因。その「尿」は「アルカリ性」の汚れ。キレイに取り除くためには、「アルカリ性」と反対の性質を持つ「酸性洗剤」を使えばよく落ちます。
今回は、100円ショップでも売られているダイソーの「クエン酸スプレー」を使います。

隙間汚れ落としに便利な”スティック”。こちらもダイソーで売られているクエン酸配合の”隙間スティック”です。5本入りセットで販売されていますよ。

手順1 クエン酸スプレーを使って、隙間をパックする

トイレと床の隙間に「トイレットペーパー」を当てて、その上から「クエン酸スプレー」をしっかり塗布します。

「トイレットペーパー」を使うと、使用後にトイレへそのまま流すことができます。また、柔らかい素材なのでクエン酸をしっかり吸収し、トイレとの隙間に密着しやすいのでおすすめです。
このまましばらく時間を置き、「クエン酸パック」をします。”汚れをゆるめて落とす作戦”です。
私は5分ほどパックをしましたが、汚れの状態に応じて時間を調節してみてくださいね。

手順2 ヘラや古歯ブラシを使って、こすり落とす

汚れがゆるんだところで、トイレットペーパーを外しながら拭き取ります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ