無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男は仕事、女は家事という役割、なんてない。

ライフスタイル

大阪出身、滋賀在住の漫画家兼イラストレーターである吉本ユータヌキさんは、バンドの解散をきっかけに開設したブログで漫画を描き始め、それが仕事となり現在に至る。パパの目線で描くコミカルな育児漫画『おもち日和』が話題を呼んだ。一時期は会社に通いながら家族との時間を取り、漫画を描くといった生活で、睡眠時間が3時間ほどしかなかったことも。紆余曲折を経て見えてきた「家族のあり方」について、お話を伺った。

大阪出身、滋賀在住の漫画家兼イラストレーターである吉本ユータヌキさんは、バンドの解散をきっかけに開設したブログで漫画を描き始め、それが仕事となり現在に至る。パパの目線で描くコミカルな育児漫画『おもち日和』が話題を呼んだ。一時期は会社に通いながら家族との時間を取り、漫画を描くといった生活で、睡眠時間が3時間ほどしかなかったことも。紆余曲折を経て見えてきた「家族のあり方」について、お話を伺った。

仕事に家事に育児。子どもができれば、生活は大きく変わる。かわいらしい子どもとの生活は充実感がある一方、日々の生活に追われ、家事の分担をどうするか、仕事をどれだけやるかなど悩みも尽きない。最近では父親の育児休業(育休)取得が推進され始めているが、男性の中には家族との時間や家事の分担に頭を抱える人も多いのではないだろうか。

そこで今回は、『おもち日和』というパパ目線の育児4コマ漫画の作者である吉本さんに、育児につきものの悩みを夫婦でどう解決してきたのか、また子育ての中でこれまでの価値観がどのように変わってきたのかお話を伺った。

男性は仕事、女性は家事といった、
既成概念にとらわれる必要はない。
大事なのは「自分たちは、どうしたいか」

何気なく始めたブログがきっかけで漫画家に

Twitterのフォロワー10万人超えの人気漫画家・吉本さん。漫画を描き始めたのは、長年取り組んできたバンドの活動をやめたことがきっかけだったという。

「高校卒業後、音楽の専門学校に行き、そこでバンドを組んで26歳ぐらいまで活動をしていました。解散した後も、応援してくれた人たちと何かしらの形でつながりが持てたらと思って、雑多なブログを始めたんです。せっかくブログを書くなら広告付けて生活費の足しを作れればと思って、アクセス数を気にするようになりまして。どうしたらたくさんの人に読んでもらえるだろう、と考えた結果が漫画ブログでした。もともと絵を描くのは好きだったので」

会社員として働くうちに結婚し、子どもを授かった。子どもの成長を記録したい、子どもと過ごす毎日の良さについて知ってもらいたいと思って4コマ漫画を描き始めたと語る。

「子どもたちとの生活って、ネタの宝庫なんですよ。毎日、たくさんの気付きがあって。それをメモして、イラストが思い浮かんだものを4コマ漫画として描いています」

会社員として働きながら、漫画家としても活動をする。吉本さんが直面したのは、睡眠時間が数時間しかない生活だった。

「男性は仕事、女性は家事」なんて決まりはない

「当時の生活は、会社に行って、家族との時間を過ごして、奥さんと子どもが寝た後に漫画を描き始めるというものでした。夜中3時や4時に漫画を描き終えて、7時に起きて出社するみたいな暮らしを2年ほど続けていましたね。今のように漫画だけで生活するために必要な道といえども、20代の後半だったからできたんだと思います」

睡眠時間の少なさに加えて、「自分がちゃんと稼がなくてはいけない!」という大きなプレッシャーを抱えていたと語る吉本さん。その背景には、“男性は仕事をして、女性は家事をするもの”という既成概念があった。

「今ではすごく後悔しているのですが、その時は仕事や締め切りを落とさないことで頭が一杯でして。家のことはたまに手伝うくらいで、妻に任せっぱなしだったんです。妻は何も言わなかったのですが、後で考えると言えなかったか、言わないでくれたのだと思います。

でもある時、育児がテーマのインタビューを受け、僕が『家事を手伝うこともあります』って答えたら、編集さんから『家事は手伝うものじゃなくて、一緒にするものじゃないですか?』ってコメントが来て、それから自分の考え方について見直すようになりました」

「自分は仕事。妻は家事」と、夫婦がお互いの認識の上で役割分担しているものだと思い込んでいたと語る吉本さん。そこには自身が育った家庭環境も影響していた。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ